コラム

 公開日: 2015-06-05 

マナーうんちく話973《世界環境デーとホタル狩り》

6月の事を旧暦では「水無月(みなづき)」と表現しますが、今年は既に梅雨に入り、一年の中で雨との付き合いが一番多い時節になりました。

そしてこの時期になると、蛍が明かりをともして飛び交うようになります。

蛍は水のきれいな所を好むので、環境問題のバロメーターにもなっていますが、6月は環境月間で、6月5日は「環境の日」です。

1972年6月5日からストックホルムで開催された、「国連人間環境会議」を記念して作られたわけですが、環境破壊は留まるところを知らないようですね。
自然と共生し、自然に寄り添って暮らした先人の知恵を参考にしたいものです。

ところで、梅雨時の、雨上がりの、風の無い、蒸し暑い夜のひとときに、蛍の光を求めて散策するのもこの時期ならではの楽しみです。

暗闇で蛍の放つ光を愛でることを「蛍狩り」と表現しますが、日本ならではの初夏の風物詩です。

蛍は世界中に約2000種近く存在するといわれていますが、日本人は特に蛍が好きで、万葉集にも蛍が登場するそうです。

そして江戸時代に入ると、「蛍船」と言われるようなものが登場し、風流を楽しんだり、蛍を売って商いをする人もいたとか・・・。

やがて1960年代頃から始まった高度経済成長の影響で、自然環境が破壊され、蛍にとって危機的状況に陥りました。

「これではいけない」と反省し、ホタルが生息しやすいように、再度環境を整え現在に至るわけですが、蛍狩りのマナーにも注意が必要です。

そこで今時の「蛍狩りのマナー」について触れておきます。

○蛍は儚さの代表と言われるように、成虫になってから、わずか2週間位の命です。その短い時間で一生懸命光りを放ち、子孫を残す努力をします。
だから、捕獲しないでその光景を温かく見守ってあげて下さい。

ちなみに「蛍狩り」の「狩り」は「紅葉狩り」の狩りと同じ意味で、「愛でる」と言う意味で使用されます。くれぐれも乱獲しないで下さい。

○蛍に光を浴びせないようにして下さい。
蛍は懐中電灯や車の強い光が苦手です。労わって下さい。
懐中電灯は暗闇では必要ですが、なるべく足元を照らすようにして下さい。

○周辺に民家が有れば、迷惑にならないように大声を張り上げたりしないで下さい。また、ゴミの処理も丁寧にして下さい。

私たちの幼い頃には、網や箒(ほうき)などで蛍をとって、虫籠に入れて楽しみましたが、今はそのような光景をあまり見かけなくなりました。
蛍狩りの環境が大きく変わったということです。

環境汚染で一時絶滅の危機に陥った蛍を復活させようと、日本の至る所で、環境保全運動が行われ、地域住民の地道な努力で蛍が蘇った地域が多々あります。

そのような場所での蛍狩りは、そこで観賞するのがマナーです。
そこで光を放つ蛍も、そこに生存しているから意味があるわけです。

万葉や江戸の頃は、カメラは有りません。
だから、蛍を始め、鈴虫やコオロギなどの虫を愛でるために「虫捕り」という文化が発達しました。

しかし自然の環境がこれだけ大きく変化し、加えてカメラ機能付きの携帯電話やスマートホーンを、誰でも持てる時代になった今は、「虫捕り」ではなく、カメラで撮るのもお勧めです。

こうすれば、蛍も安心して光を放ち、交尾が出来、子孫を残せそうですね。

経済的豊かさや便利さを追い求めるのもいいですが、人にも、自然にも、生き物にも素敵なマナーを発揮したいものです。

蛍を愛でながら、環境にも関心を持ち続けなくてはいけませんね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1396《どうしても嫌な人との接し方》

日本は世界屈指の長寿国です。つまり世界で一番長い気が出来る国ですが、問題は長生きを競うより、長い人生をい...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ