コラム

 公開日: 2015-05-16 

マナーうんちく話962《月日は百代の過客にして・・・。》

5月の半ばは何をしてもいい頃ですね。
ところで5月16日は、松尾芭蕉の「奥の細道」への旅立ちを記念して制定された「旅の日」です。

芭蕉が江戸を出発したのは、今から327年前の1869年5月16日ですが、その頃、東北や北陸を訪れて詠まれた俳句には、おなじみの句が沢山あります。

「松島や ああ松島や、松島や」。
「静かさや、岩にしみいる、蝉の声」等。

ちなみに「奥の細道」は、松尾芭蕉の有名な紀行文で、多数の俳句が読みこまれていますが、その冒頭に「月日は百代の過客にして 行きかふも又旅人也・・・」と有ります。

この名文句は現代人の多くの人々にもよく理解されていますが、「月日は永遠の旅人であり、行きかう年もまた旅人である」と訳されています。

日本の俳句は本当に素晴らしい文学ですね。

そして、日本を代表するこの時期の味覚に「竹の子」が有ります。

「飽食の国」、「美食の国」の日本では、毎日のようにテレビで料理番組が有りますが、この時期には必ずと言っていいほど取り上げられる食材です。

芳ばしい香りと、シャキシャキ感のある歯ごたえが良いですね。
チラシずし、筍ごはん、吸い物など日本料理ならではの味わいです。

ところで、都会育ちの方はご存じないかもしれませんが、竹の子は成長が非常に早いのをご存知でしょうか?

種類にもよりますが、一日で一節以上も成長することが有ります。
また、数カ月で親と同じくらいの大きさになります。

ご存知の通り、竹の子は中が空洞なので、その分身長が伸びるのが早いのでしょうね。

だから「竹の子の親優り」という言葉が有ります。
子どもの方が親より優れていると言う喩です。

また、お握りを包むにも竹の子の皮が使用されますが、これは竹の子の皮には防腐効果や殺菌効果があり通風性がいいためです。

加えて、「竹の子生活」という言葉も有ります。
竹の子の皮は一枚ずつはいでいくので、衣類や家具等を徐々に売り払いながら生活することの喩です。

さらに、「松竹梅」といわれるように、竹の子は縁起が良い植物の代表格ですが、その理由は次の通りです。

○成長が早いので子どもがすくすく育つから。

○繁殖力が強いので家の繁栄に繋がるから。

○厳寒に耐え緑を絶やさないので子孫繁栄に繋がるから。

○天に向かって非常に速いスピードで成長するので、子どもの立身出世に繋がるから。

このように、強い生命力と節があり、しかも柔軟性に富み、さらに一年中緑を絶やさないので、農耕民族である日本人には特に受けたわけです。

緑も風も光も全て心地良い時です。
こんな時こそ、希望や勇気を蓄え、前向きに歩んで下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ