コラム

 公開日: 2015-05-15 

まなーうんちく話961《加齢を華麗に生き高齢者が「幸齢者」になるために》

日本は世界屈指の長寿国ですが、単に長生きを競うだけではなく、何時までも自分らしくトキメイテ生きて行くことが大切です。

そのためには、国連が推奨しているように、いかにして「健康寿命」に重きをおくかです。
健康寿命とは介護等に頼らず、身も心も元気で、自立できる期間です。

そして、健康寿命を伸ばすには、「程良い運動」と「バランスのとれた食事」が大切ですが、「精神面」もしかりです。

精神面とは即ち、「心の豊かさ」です。

つまり、「生きがい」や「良好な人間関係」です。

ここがしっかりしていれば、独居暮らしになっても大丈夫です。
孤独になっても孤立することはありません。

ところで、「生きがい」には色々な種類の生きがいがあります。

○自分のために一人で行う活動(1人称の生きがい)
・俳句や野菜づくり等

○グループ等誰かと複数で行う活動(2人称の生きがい)
・夫婦での旅行や趣味の会等

○人のために行う活動(3人称の生きがい)
・ボランティア等の社会貢献

「1人称の生きがい」は一人で思うまま気軽に出来ます。

「2人称の生きがい」は仲間と共に充実した時間が共有出来ます。

「3人称の生きがい」は社会貢献を視野に入れるので、社会的な使命感が達成出来ます。

以上、それぞれ素晴らしい特徴がありますが、どれに注力するかは自由です。私は複数かけ持ちの生きがいを持たれる事をお勧めしています。

ちなみに、「健康生きがいづくりアドバイザー」の本質は、生きがいを求める人々の相談に乗り、その人の自己理解の手助けをすることです。

年齢や置かれている状況や価値観等で、自分らし生きがいづくりに励まれたらいいわけですが、身も心も元気なうちはぜひ、社会貢献を視野に入れた「3人称の生きがい」をお勧めします。

地域貢献はまさにここですね。

私は、「健康生きがいづくりアドバーザー」「マナー講師」として、「3人称の生きがい創り」に「マナーの視点」を加味した講演を各地で展開しています。

まさに地域創生に直結しているお話しで、だれでも、簡単に実現できるので、結構好評で、リピートが多いわけです。

さて、今まで、超高齢社会における地域の実情に触れましたが、これからの地域の未来は、明るい気配があまり感じられません。

しかし、幸いな事に日本の高齢者は素晴らしいものがあります。
世界経済フォーラムが、2015年の「人的資源指数」を発表しましたが、日本は65歳以上で124カ国中1位でした。

勤勉で思いやりの心があるからでしょう。
今まで培ってきた多彩な知恵や経験に、それらを加味し、加えて新しい知識も吸収していけば「まだまだやれるぞシニア世代!」になります。

5月23日に《和気町地域創生幸齢者大学》の基調講演でこのようなお話を予定しています。詳しくは「新着のセミナー・イベント情報」をご覧ください。

「終わりよければすべてよし!」と言いますが、住み慣れた地域で有終の美を飾るために、是非参考にして頂ければ嬉しい限りです。そして集い、学び、交流してセカンドライフに美しい花を沢山咲かせて下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ