コラム

 公開日: 2015-05-03 

マナーうんちく話953《まな板に 小判一枚 初鰹!「初物」と「旬の物」》

ゴールデンウイークの頃になるとひときわヨモギが自己主張始めます。
日本人なら誰もが知っているヨモギ。
色々な意味でなじみの深い薬草ですね。

小さい頃、擦り傷をした時に止血用に使用したり、肩が凝った時にお灸する時のモグサの原料にも成ります。旬の味覚として「草餅」も有名です。

そして、5月2日は「八十八夜」でした。
日本人には切っても切れない茶摘みの季節です。

漢字の「米」を分解すると「八」と「十」と「八」になること、及び末広がりの八が重なるからという理由で、日本では特に縁起が良いとされています。

だから八十八夜は、農事のスタートとしても大変良いとされています。
加えて、この日に摘んだお茶も大変縁起が良く長寿に効くとされ、高級な贈答品になります。

旬の物はエネルギーに満ち、豊かな栄養が宿るわけですが、特に一番茶は、ほのかな甘みと香りが格別で、大変美味です。

ちみに長寿の祝いにも88歳の「米寿」があります。

今でこそ平均寿命が延び米寿はあまり珍しくありませんが、昔は88まで生きることは大変です。

そこで米寿を迎えた人には尊敬の念を込めて、盛大に祝うようになりました。お祝いの品としては、金色の物、もしくは茶色の物がお勧めです。

そして「青葉」が目立つようになると、いよいよ「ほととぎす」と「初ガツオ」のお目見えです。

《目には青葉 山ほととぎす 初ガツオ》(山口素堂)

丁度今頃でしょうか、春から初夏に移行する時、江戸時代の人が最も好んだ青葉、ホトトギス、初カツオを順に詠んでいます。

当時は初モノを食べると7日寿命が延びると言われていました。
初モノには他の物には無い、何とも言えない精気が漂っていると考えられていたのですね。

しかも「カツオ」は味覚の代表的な存在であったと共に、「勝男」に通じることから、特に70日も寿命が延びるとされ、江戸っ子には大変重宝されたわけですね。

しかし安くは有りません。
当時の相場で一両もしたとか。
《まな板に 小判一枚 初鰹》と謳われています。

そうなると余計に欲しくなるのが江戸っ子です。
では、どうする?

《女房を質に入れても食いたい初ガツオ》となるわけですね。

ちなみに「初モノ」とは、その季節に初めて収穫した野菜や果物や穀物や魚介のことです。また、まだ誰も手をつけていない物という意味もあります。

従って購入する場合はかなり高値が付きます。
筍、桃、マスカット等の初モノもなかなか手が出ませんね。

これに比べ「旬」の物は、盛りの時期の物を意味します。
新鮮で、栄養価も高く、収穫も多いので比較的安価です。

要は、食べごろで、一番おいしいものです。
一月を上旬・中旬・下旬と10日ずつに区切っていますが、旬の期間で一番おいしい期間は10日だと言うことです。

初モノや旬の味覚に触れ、ゴールデンウイークを金色に輝くのもいいですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1573《品格がにじみ出る忘年会での振る舞い。好感のもたれる立ち居振る舞いとは》

今回は忘年会で、参加者としてどのように振舞えば良いのか?について触れておきます。忘年会は、いろいろな面...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1572《忘年会を盛り上げるにはコツがある②》

【忘年会の挨拶】忘年会には挨拶がつきものですが、幹事の開催の挨拶に続き、組織の長の挨拶があります。こ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ