コラム

 公開日: 2015-04-26 

まなーうんちく話948《孤独を上手に楽しむ上質のマナー①》

晩春から初夏へと移行するこの時期は、緑が益々エネルギッシュに輝く時でもありますが、名残惜しさも漂います。

《行く春や 鳥啼(な)き魚の 目は涙》(芭蕉)

春が過ぎようとしているが、春との別れは人間に限った事ではない。
鳥は寂しそうに鳴き、魚の目にまで涙が流れているようだ。

45歳の芭蕉が晩年の旅立ちに当たり、見送りの人々と別れる時に詠んだ句だそうです。

いよいよこれから孤独な長い、長い旅が始まるわけですね。

この句が詠まれて300年以上経過しました。

そして、今、コミュニケーションツールや出会い・ふれあいの機会は比較にならない位増加しました。

しかし、現代人には、繋がれない不安と共に、孤独感やストレスが漂っているようです。

スマートフォンが離せない子どもしかりですが、年齢にかかわらず、孤独感を感じている人は大勢いるのではないでしょうか。

皆様は如何でしょうか?

便利になり過ぎたせいで、人と人との直接的なかかわりが限られる現象は、職場でも、家庭でも生じています。

特に家庭でのすれ違いは深刻です。
誰にとっても良く有りません。

母と学生の娘の二人暮らしの家庭が有ります。
母親は一階で暮らし、娘は2階です。
夕食が出来たので、母親は娘にメールでその旨を伝え、娘はその夕食を2階の自分の部屋に持ち帰り、互いに一人で食事を済ませる。

この場合も、お互いに常に孤独がいいのでしょうか?

孤独を楽しむ時間と、家族水入らずの時間、つまり団欒の時間のめりはりを付けた方が良いのではと思うのですが、いかがでしょうか。

いつも、いつも孤独だとストレスがたまり不安に陥ったり、鬱になるケースも多く、精神衛生上よろしく有りません。

日本は世界が経験した事が無い超高齢社会に陥っています。
そして、超高齢社会の特徴は「独居高齢者」が多いと言うことです。

とりわけ女性は男性より平均寿命が6歳から7歳長いので、高齢の女性の独居者は増加の一途をたどっています。

女性のみではありません。
多くの人が「お一人様」予備軍です。

加えて結婚適齢期の人でも「非婚化」現象が高まっています。
すなわち、世界屈指の長い人生を結婚しないで生活する人生を選択する人が増えていると言うことです。

このような時代を迎えた今、若い人も高齢者も「孤独」と上手に付き合うことが大切になってきます。

次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1396《どうしても嫌な人との接し方》

日本は世界屈指の長寿国です。つまり世界で一番長い気が出来る国ですが、問題は長生きを競うより、長い人生をい...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ