コラム

 公開日: 2015-04-21 

マナーうんちく話944《覆水盆に返らず!「これから」を大切に・・・。》

4月も半ばに入ったところで急に真冬並みの寒さになり、雪やみぞれに見舞われた所もありましたが、その後は長雨にたたれ、今度は春の嵐でした。

3月から5月にかけては、日本付近で急速に発達した低気圧により「春の嵐」と呼ばれる、台風並みの嵐に見舞われることが有ります。

しかし穀雨を過ぎると、天気も落ち着き、しばらくは穏やかな天気に恵まれそうです。

いよいよ春本番となるわけですね。
そして新年度の生活にも慣れてくると、気分が前向きになり、何か始めてみたい気持ちになりませんか?

春のファッションにこだわってみる、髪型を変えてみる、何か習い事を始めている、資格修得に挑戦してみる、友達作りや婚活に励んでみる等など・・・。

新しい挑戦を試みるのもお勧めです。
その際、自分としては、今、何を目指すべきなのかを見定めることが大切です。

目先のことも大切でしょうが、長い人生を中長期で考える高い視点も大切です。

あの時、あんなことをしなければ・・・、こうしておけばよかった・・・等と後悔することは誰しも多々あります。

しかし、いくら悔やんでみても、過去を元に戻すことは不可能です。
「覆水盆に返らず」という言葉が有ります。

中国の周の国にある夫婦が住んでいました。
夫は周の国に仕える役人でしたが、読書ばかりで仕事に精を出しません。
そこで妻は愛想をつかし、離婚して実家に帰ってしまいました。

やがて読書家の夫は、大出世して太公望と呼ばれる程の人になりました。
それを聞きつけた別れた妻がやって来て、復縁を申し出ます。

夫は盆(水を入れた容器)にあった水を溢し、「この水をもとにあった状態にしたら要求に応じよう」と言います。

妻は一生懸命こぼれた水を手で汲んで盆に入れようとしますが、できませんでした。

このことから、「離婚した夫婦は元にもどれない」、あるいは「起きてしまったことはどうしようも無い」と言う意味で使用されます。

英語では「こぼしたミルクを嘆いても無駄」と表現されます。

要は、済んでしまったことをくよくよするより、「これから変えることが出来ることに挑戦した方が良い」と言うことです。

「今」を、「これから」のスタート地点としてどう振る舞うかが大切です。
そして、済んでしまったことの事実を変えることはできませんが、「捉え方」は変えることはできます。

「人間万事塞翁が馬」と言われますが、人生何が良くて悪いかは解りません。
また「失敗は成功の母」と言われるように、過去に沢山失敗を経験したからこそ成功が芽生えることもあります。

挫折を味わったからこそ、多くのことが学べ、身に付きます。
今まで経験した事には、全てそれなりの意味あるわけです。

先人は、一年のスタートを「立春」に定めています。
もうすぐ「八十八夜」ですが、これは立春から数えて88日目です。

また、二十四節季の起点は立春ですが、先人は二十四の節季のそれぞれに、素晴らしい意味を持たせています。

既に触れましたが、晩春の季の言葉に「催花雨(さいかう)」があります。
春を彩る花に「早く咲きなさい!」と催促する雨です。

今を、これから描くハッピーライフの起点と位置付け、赤・青・黄色の花に負けないように、幸せな花を沢山咲かせて下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ