コラム

 公開日: 2015-04-16 

マナーうんちく話941《「しきたり」は本当に必要なの?》

世の中がすっかり豊かで便利になってきました。
それにつれ、「自由」「個性」「自分らしさ」と言うキーワードが全盛を極めるようになってきた感があります。

しかしこんな時代になっても、日常生活の中には何百年も何千年も前からの「しきたり」が至る所に残っています。

いい面も有ればそうでもない面もあります。
特に、自分らしく自由奔放に生きたいと願っている人には、窮屈な思いがあるかもしれませんね。

しかし、しきたりがあるからこそ、それに従って行動すれば軋轢もなくスムーズにいくことも多々あります。

例えばビジネス文章などは、判で押したように形にはまっています。
慶事・弔事における黒い服に白いネクタイと黒いネクタイ、祝儀袋・不祝儀袋もしかりです。

無難にこなすにはありがたいと思いますが、味けない気もします。

ところで、これらのしきたりは時と場合により「慣習」と表現されますが、なぜしきたりのことを慣習と言うのでしょうか?

言葉を分解してみると良く解ります。
「しきたり」は、「し」と「きたり」に分類されます。

「し」は「する」の連用形で、「きたり」は「来る」の過去形です。
漢字では「仕来たり」と書きますが、平たく言えば、長年に渡り、皆がしてきたことを意味します。

つまり、前例や習わしの意味になるので慣習となるわけです。

では、何のために長年してきたかと言えば、ひとえに皆で仲良く暮らしていこうと言うことです。

起源は田植えにあると言われています。
「生きること=食べること」です。

農耕文化で栄えた日本は、米を生きるすべにするわけで、米作りは生きるために必要不可欠です。

しかし米は田んぼと水の管理が必要で、一人では無理です。
従ってみんなで、ルールの様なモノを決めて、仲良く共同作業しなくてはなりません。

例えば、一週間のうち最初の6日は朝から晩まで働き、残りの一日はみんな揃って休養をとることや、田植えや収穫日等も統一すること等です。

これらは、みんなが歩調を合わさなければいけません。
これがしきたりの起源だと言われ、よりよく生きるための生活の知恵です。

だから長年風雪に耐え、現在まで脈々と続いているわけです。

時代にそぐわない物もあるかもしれませんが、本来の意味や意義を正しく理解すれば、私はないがしろにするものは殆ど無いと思っています。

ただ、残念なことは、折角素晴らしいしきたりがあっても、それが正しく伝わっていないことです。

加えて、営利目的のために新たなしきたりめいた物が生じ、従来の日本古来のしきたりの影が薄くなっていることです。

特に冠婚葬祭のしきたりが廃れれば、家族や地域の絆は希薄化します。
無縁社会になり孤独死が生まれ、従来にはなかった深刻な問題が生じてきます。

例えば、「仲人」「結納」のしきたりが失せたから、離婚は大幅に増加しました。
それなりの意義や意味を再認識する必要があります。

国際化の進展と共に不必要に西洋かぶれする前に、古来より続くしきたりの意味や意義を再度見直してみることが先決だと思うわけです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ