コラム

2015-04-12

マナーうんちく話937《団らんのある家庭と素敵なマナー》

植物は季節にとても敏感です。

「わらび」がそろそろ収穫できる頃になりました。
穂先が鮮やかな緑の大変魅力的な春の山菜「たらのめ」も楽しみです。

また、自生の「三つ葉」も、この時期ならではの美味です。

ユネスコの無形文化遺産に登録された和食の魅力の一つに、季節を彩る食材の豊富さがありますが、特に春先は多彩な山菜の独特な味が堪能できる時期です。

お母様方にも是非腕をふるって頂きたいと思います。
前回「躾」のお話しをしましたが、特にお母様方には、ファミリーのマネージャー役を担って頂きたいと思います。

料理、育児、教育等について取り仕切る役目です。
「生きることは食べること」ですから、子どもが幼いころから、色々な旬の食べ物や年中行事等に、小さい時から触れさせて下さい。

それにより子どもは食べることの大切さや、食べることの楽しさを覚えると共に、料理について関心を深めると思います。

躾は親が子供を、身も心も健康に育てることですから、躾の本質はまさにここにあるのではないでしょうか?

ところでお宅の家庭に「団らん」と言えるものがありますか?

最近、核家族化・少子化・超高齢化・絆の希薄化、さらに無縁社会等と言うキーワードが先行し、団らんと言う言葉の存在が目立たなくなった気がしてなりません。

団らんとは、家族が同じ場所に集まり、楽しくて、和やかなひと時を共に過ごすことです。

つまり家族全員が集い、充実を感じる時間です。
親も子もそれぞれ何かと多忙を極める現代にあって、団らんの時間は年々少なくなってきているようですが、この時間は親も子も非常に大切なひと時です。

そしてそこには、その家族が醸し出す独特の雰囲気が漂っているはずです。
その雰囲気を作り出す役目を背負うのがお母さんではないでしょうか。

お父さんは、外では仕事に追われ、辛い目にあっているかもしれません。
子どももしかりです。

日本の子どもは、世界中でも特に多くのストレスを抱えていると言われています。受験や人間関係などでしょう。

しかしお父さんも子どもも、外ではつらい目にあっても、「家に帰れば安らぎがある」となれば、「また頑張ろう」と言う気持ちになります。

お母さんが働いている家庭も珍しくありませんが、お母さんにとっても、家庭の暖かさは安らぎになります。

では、「家庭の暖かさはどうして作るの?」と言えば夫婦円満です。
夫婦円満とは、共に「思いやりの心」を有し、それを家庭内で上手に発揮し合うスキルです。

小手先のスキルではダメですよ。
そこには真心と本音が無ければなりません。

平たく言えば、夫婦間で嘘いつわりが無く、なんら気兼ねが無いと言うことです。夫婦に気兼ねが無かったら、子どもはのびのび育ちます。

自分の気持ちを素直に親に話すことができます。
親はそれに対して、真摯な気持ちで耳を傾けることができます。

前回「してはいけないマナー」と「しなくてはいけないマナー」のお話しをしましたが、夫婦間でこの基本的なマナーが有れば、家庭の団らんは築けると言うことです。

団らんは素敵なマナーからです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1322《品格が漂う「ありがとうしぐさ」》

電車にギリギリセーフで乗ったら「ヤレヤレ」と思いますが、御礼を言うことはあり得ないでしょう。しかしエレ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ