コラム

 公開日: 2015-04-09  最終更新日: 2015-04-11

まなーうんちく話934《酒席の「返杯」には、どんな意味があるの?》

若葉が萌え、花が咲き、命が躍動するこの時期は一年で最もアクティブな気分になりますね。

「何かいいことありそうな」という期待感からでしょうか?

旅行に行くのも素晴らしい所だから。
服を買うのも似合いそうだから。
人に会うのもためになりそうだから。

そんな気持ちにさせてくれるのが緑のそよ風です。
「長い人生前向きに歩みなさい!」と励ましてくれているようですね。

前回自己紹介のお話しをしましたが、新年度は多くの人達と親交を深める絶好の機会でもあります。

日本人は親交を深めるために酒を酌み交わしてきましたが、これは昔も今も同じです。

家庭、地域、職場の絆が希薄化し、「無縁社会」と言うキーワードが生まれ久しくなりましたが、その傾向は深まるばかりという感があります。

こんな時だからこそ、酒の席を大切にするのもお勧めです。

ところで、酒の席と言えば乾杯がつきものですが、これについては《マナーうんちく話454&455「乾杯と献杯」》を参考にして頂くとして、今回は「返杯」に触れてみます。

■返杯とは?
同じ杯で酒を飲み交わすこと。

■返杯の意義
同じ杯で酒を飲み交わすと言えば不衛生と思われる方もいると思います。
しかし、この返杯の意義は連帯感を強めるために行われる習慣です。

日本人は今でも、何か事があるに付け酒を酌み交わす習慣があります。
共に酒を酌み交わすと言うことは、魂の交流を意味していたわけです。

だから共に酒を飲むということは、同じ瓶や樽に入った酒を飲むか、同じ杯で飲むわけです。

まさに共食文化ですね。
一つの物を互いに分けあって、絆を深めるわけです。

神前結婚式の時には「三三九度」を、「親族盃の儀」を執り行いますが、これにより親族関係が生まれるわけです。

歓迎会等の飲み会で、「献酒」「返杯」が有れば、単に酒を注いでもらうのではなく、魂を交流しようという大きな意味があります。

目上の人から杯を頂くのを「献酒」と言います。
この時には「頂戴します」「頂きます」等と言って両手で受けて下さい。

飲み終えたら、「ありがとうございました」の言葉を添えて、杯を返すのが「返杯(盃)」です。

最近何かと衛生面に敏感すぎる気がしてなりません。
過度な宣伝のせいでしょうか?

勿論衛生面に気をつけることはとても大切ですが、度を過ぎてもどうかと思うわけです。

「献酒」「返杯」を非衛生だからと言って拒否するか、有り難く頂戴して魂を交流するか?

あなたはどちらでしょうか?

江戸時代、二人の武士が互いに何かを誓う時には「二人盃」をしたそうです。

互いの心を一つにすることが目的ですが、このような美意識は現代社会においても受けると思うのですが、如何でしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ