コラム

 公開日: 2015-03-30 

マなーうんちく話925《出したお茶が冷めた!どうする?》

お客様にお茶を出すケースは公私に渡り多々あります。

最近は、お茶を出すことを控えている職場もあるようですが、マナーの視点から言えば寂しいことですね。

これはともかくとして、お客様にお茶を出して、それが冷めてしまったら、どう対応するか?迷うこともあります。

お客様に出したお茶が冷めると言うことは、お客様が遠慮して飲まれない、体調に不具合をきたしている、話が盛り上がっている等と原因は様々です。

加えて、お客様の好き嫌いも有れば、喉の渇き具合もあります。
また、室温にも影響されます。

しかし、一般的には概ね30分くらいが経過したら、新しい飲み物に変える事をお勧めします。

この際、出来れば前のお茶と同じものではなく、別の種類がお勧めです。
勿論、器も別の物に変えて下さいね。

「三杯のお茶(三献茶)」という有名なエピソードがあります。

その昔、豊臣秀吉が狩りに行きました。
喉が渇いたので近くの寺に出向き、茶を所望しました。

早速、小僧が大きめな器で、生ぬるいお茶を出してくれました。
秀吉はそれを一気に飲み、お代りをしました。

次に出されたお茶は、中くらいのお椀にやや熱めのお茶でした。
一杯目と異なるので、それを飲んだ秀吉はあえて三杯目を要求しました。

今度は、小さめなお椀に熱いお茶が少し出ました。

その見事な応対に、秀吉はすっかり感心して、小僧を召抱えました。
この小僧が後の石田光成です。

このエピソードの言わんとすることは、同じお茶でも、相手の状況や状態に応じて臨機応変に対応することの大切さです。

そして、真心をこめてお持て成しをしてくれた相手の心意気をくみ取ると言うことです。

これにはそれなりの知識やスキルが必要です。
今流のマニュアルとは異なります。

マナーは法律ではありません。
特に日本のマナーは思いやりの心が基本ですから、このような臨機応変な対応はとても大切です。

しかし、そうは言え、このような対応は誰でもできるわけではありません。

一番良いのは、出す時にお飲み物は、コーヒー・紅茶・日本茶をご用意いたしておりますが、お好みは?と聞いてあげることです。

場合によっては、堅苦しい雰囲気が漂い、お客様の好みが伺えそうもない時には日本茶が無難です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ