コラム

 公開日: 2015-03-28 

マナーうんちく話924《出された茶菓は直ぐ頂いていいの?》

他家や他社を訪問して、部屋に通されたらお茶やお菓子、あるいはコーヒーにケーキなどを頂く機会が多々あります。

①この際、直ぐに頂くか?

②直ぐに頂いたらいかにもガツガツシテいるようなので、少し間をおくか?

判断に迷いますね。
貴方はどちらでしょうか?

出された茶菓は、直ぐに頂かれる事をお勧めします。

もてなす側はお客様に対して、出来る限りより美味しくいただけるよう気配りをします。

だから、温かい物は温かいうちに、冷たい物は冷たいうちに頂くのが基本です。

つまり、折角程良い温度で出して頂いた飲み物を、間を置くことで冷ましてしまっては勿体ない限りだということです。

猫舌の人も、程々のころ合いを見て頂いて下さいね。

この際、茶菓を出して下さったことに対して、先ずは「ありがとうございます」とお礼の言葉を発します。
次に「頂きます」です。

菓子が先か?お茶を先に頂けばいいのか?については、菓子が先と言う流派が多いようですが、明確な決まりは有りません。

私は茶も菓子も美味しくいただくために、渋いお茶より、甘い菓子を先にいただきます。

お菓子の頂き方ですが、菓子に添えてある菓子きり・黒文字・妻楊枝等を使用して、一口大に切り分けて頂いたらいいでしょう。

和菓子は季節を取り入れ、味もしかりですが、見る人の目も楽しませてくれますので、先ずは目で楽しんで下さい。

慣れるに従ってこのようなゆとりが出てきます。

また、これから花見のシーズンになりますが、「桜餅」等も旬を迎えます。
これは、葉っぱごと頂いてもいいし、葉っぱを除いて頂いても結構です。

菓子を桜の葉で巻いている理由は、菓子を乾燥から守るためと、埃や塵から守るためです。加えて、桜の臭いを菓子に移す役割があります。

このような事を考慮して、菓子の甘味と葉っぱの塩加減のハーモニーを楽しむか、あるいは菓子のみを頂くかは各自の好みによります。

葉っぱを残す場合は、葉っぱを下敷きにして黒文字や妻楊枝で一口大に切って頂き、最後に残った葉っぱを懐紙に包んで持ち帰ればいいです。

葉っぱごと頂く場合は、手で直接頂いた方がより食べ易いと思います。
桜餅や柏餅などは、頂く側のマナーより、お持て成しをする側のマナーが要求されます。

つまり、お客様が手で頂くことを想定して「おしぼり」等を添えてあげれば良いですね。

お茶の頂き方ですが、左手を茶椀に添え、右手で蓋を持って茶椀の真ん中で垂直に立て、蓋の裏についた水滴を落とします。

茶碗の右に蓋を置き、茶碗を右手で持ち、左手を底に添え、飲み終えたら元の状態に蓋を戻します。

飲み終えたら「ご馳走様でした」の言葉と共に前向きな感想をどうぞ。
次に季節の話題や天気の話題等に触れ、やがて本題に入ればいいでしょう。

茶菓を頂くと言うことは、単に喉を潤おすだけではなく、相手の心意気を頂くと言うことです。このことを認識することが大切です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ