コラム

 公開日: 2015-03-27 

マナーうんちく話923《好感の持たれる会議のマナー》

日本には春の「桜前線」と、秋の「紅葉前線」という美しい言葉が存在しますが、ソメイヨシノの開花が一気に始まりそうです。

桜前線北上のニュースと共に、花見の話題が持ち上がる頃で、何かと楽しみが多い季節ですが、昨日は燕を見かけました。

燕は千客万来を告げる鳥として、商売人には縁起の良い鳥ですが、今回は「会議のマナー」に触れておきます。

先ず、会議に出席する際は、事前に会議の目的や会議の資料等はしっかり把握しておくことが大切です。

次に会議にも「席次」が存在することも頭に入れておいて下さい。
席次とは座わる順番です。

これは、司会者や議長がいるか、いないかがポイントになります。

○司会者や議長がいない場合
一般的なマナーに従います。
出入り口から遠い席が上座で、近い席が下座です。

○司会者や議長がいる場合
司会者や議長は、全体がよく見渡せる中心の位置に座りますから、それに近い席が上座になります。
遠い席が下座ということですね。

席の指定が無ければ、いずれの場合も、自分が参加者の中で、どのレベルかをしっかり把握して、それに応じた席について下さい。

例えば、中堅の人が不必要に下座に座われば、下位者は困ることになります。

また、遅くとも5分前位には席に着くことをお勧めします。

良く有るケースですが、上位者になるほど時間ぎりぎりに参加する傾向がありますが、これは感心しません。

先ずは、上に立つ人から良い見本を示すべきだと考えます。
なぜなら、上に立つ人ほど率先して「思いやりの心」を発揮しなければならないからです。

次に、資料の他にメモ用紙や筆記用具もお忘れなく。
何事もきちんと記録することはとても大切です。

発言の仕方にも注意が必要です。

○発言する時のマナー
手を挙げて「よろしいでしょうか?」等と司会者や議長の許可を取って下さい。

発言は先に「結論」から述べて、次にその理由を順序良く端的にまとめます。

○聴く時のマナー
発言者の言い分を聴く姿勢はとても大切です。
まさに「話し上手は聴き上手」です。

自分の考えと異なる場合でも、一方的に否定するのではなく、「そのような考え方や捉え方があるのか」というように、それを理解し、尊重する姿勢を持って下さい。

聴き方も、姿勢を正し、発言者の目を見ながら真摯な態度で聞いて下さい。
相手の言い分を丁寧に聞けば、こちらの言い分も聞いてもらえます。

最後に、意見を求められたら、良い所を先に褒め、自分の考えを述べるのもお勧めです。
これは大変好感を持たれますので是非実行してみて下さい。

「けなす」より「褒めろ」です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1679《法要の心得》

法要は「法事」ともいいます。死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う儀式です。ちなみに死後の...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ