コラム

 公開日: 2015-03-22 

マナーうんちく話919《春山淡治(たんや)にして笑うがごとし》

春分の日の3月21日、日本列島は春の陽気に誘われ早々とソメイヨシノの開花が発表されました。
日本人に生まれて本当に良かったと実感する頃でもありますね。

俳句をたしなむ人は良くご存知だと思いますが、この時期の季語に「山笑う」があります。

そういえば木々たちが一斉に芽吹く春の山は、霞の中で優しく微笑んでいるような気がしませんか?

そして夏になると、葉が水気を多く含み、爽やかさや鮮やかさで覆われて来るので「山滴る」と表現されます。

さらに秋になると、赤や黄色に色づき、まるでお化粧をしているようになるので「山装う」と言われます。

加えて冬になると、それらの葉は木枯らしと共に落ち葉になり、山全体が無表情になるので「山眠る」となります。

昔の人の山は、気高くそびえる高い山だけではなく、木が生えていれば林も里も山と呼んでいたようですね。

だから、これらの表現は、暮らしの中にある里山の四季の移ろいを、細かく観察し、人の動作に例えたのでしょうか。
本当に素晴らしい感性ですで。

日本が世界に誇る「思いやりの心」が凝縮された礼儀作法は、このような素晴らしい環境や感性から生まれたわけですね。

不必要に西洋かぶれするのではなく、この美しい言葉も景色も作法も、現代に生きる者としてしっかり認識し、次世代に残していきたいものです。

ところで、このように四季折々に変化する日本の山はどんな山だと思いますか?

冬になる前に、古くなった葉が全て落ちてしまう「落葉樹」の山です。

ちなみに、一年中緑を絶やさない木は「常緑樹」と言われ、マナーの世界では縁起のいい木だとされています。

例えば、日本では松が神の宿る木とされ、門松にも使用されたり、松竹梅という縁起がいい言葉の筆頭になっています。

欧米でもクリスマスツリーは樅の木です。

新幹線に乗ると実感できますが、日本は「山の国」で国土の3分の2は山地ですが、これからしばらくは山笑う光景が続きます。

別れや出会いの季節であり、新年度の準備で何かと多忙な時ですが、気候は過ごしやすく、穏やかな日になってきます。

たまには心にゆとりを持って、美しい日本の四季を堪能するのもお勧めです。
心が洗われます。

また、自分が今住んでいる地域の光景を細かに観察することは、人を見る目を肥やすことにもつながります。

《故郷や どちらをみても 山笑う》 正岡子規

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1407《新入社員・職員を活かすも殺すも先輩・上司次第①》

『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』。今の時期に相応しい言葉ですが、松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪(はっとりらんせ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1406《バレンタインデー、「義理チョコ」はどうして生まれたの?》

突然ですが「義理チョコ」の存在をどう思いますか?バレンタインデー商戦がピークを迎えました。今やバレン...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ