コラム

 公開日: 2010-11-03  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話⑲≪未来の紳士淑女のためのマナー講話≫


マナーうんちく話⑲《未来の紳士・淑女のためのマナー講話》

11月3日は「文化の日」。
皇居で文化勲章の授与式が行われ、全国各地で多彩な芸術祭などが開催される日ですが、もとをただせば明治天皇の誕生日で、新憲法公布の日です。
それがなぜ文化の日なのか?ということは、説明が長くなりますのでここでは省略します。

ところで、人と人とが触れ合う、家庭・地域・学校・職場、その他公共の場においては、文化の原点である様々なマナーが存在するわけですが、今日は中学校のマナーについて触れてみます。

この「マイベストプロ岡山」がご縁で、ある公立中学から、中学生のマナー指導の依頼を受け、10月に90分間、中学2年生を対象にマナー講話を行いました。

目的は、
①充実した学生生活を送るため
②「職場体験」に役立たせるため
③長い人生をハッピーに暮らすため

内容は、
①世界の現状理解
⇒飢餓で苦しんでいる人や児童労働(チャイルドラバー)の実態等
②感謝の心を持つことの大切さ
⇒「感謝できる心」の身につけ方
③マナーを理解し思いやりの心を身につける
⇒エチケット・マナー・礼儀・作法とは何か?なぜこれらは必要なのか?
⇒思いやりの心とは何か?なぜ必要なのか?
④学生生活、職場体験、人生に役立つ「5つの基本的マナー」
⇒身だしなみのマナー
⇒挨拶のマナー
⇒表情のマナー
⇒態度のマナー
⇒言葉遣いのマナー
⑤電話のマナー
⑥公共の場でのマナー
以上です。

先日も小学生の自殺報道がありました。
いじめによる学生の自殺にはすっかり慣れてしまいましたが、いつもながら残念に思うことは、「なにか改善する手立てはなかったの?」ということです。

学校におけるマナー教育には、捉え方も、内容にも大きな差があると思います。
マナー教育に徹底して取り組んでいるところもあれば、偏差値教育に力を入れマナー教育には無頓着なところも存在します。
同じことが家庭においてもいえるのではないでしょうか。

また「マナー教育は本来家庭や地域が行うもの」であり、教師の仕事ではないと考えている先生もいれば、「マナーもしっかり学校でしつけてもらわないと困る」と主張する親もいます。これでは生徒があまりにも可哀そうです。
「マナーの差」は社会人になって顕著に表れます。
本当はそれでは遅いのですが・・・

どちらがマナー教育を担当するかを議論することも大切ですが、それ以前に、親も教師もマナー教育の重要性を再度認識していただきたいと思います。
マナー教育に熱心なほど、立派な家庭、いい学校であるという認識が生まれれば幸せです。

マナーというものをきちんと理解し、そのマナーを通じ他人への思いやりの心が育まれれば、他人を簡単にいじめたり、傷つけたりはしなくなります。生徒の、「いじめによる自殺」は確実に減少すると思います。勿論、マナー以外でも、様々な形で命の尊さは教えて行かなくてはなりませんが。
私は学生の就職面接試験に備えたマナー指導に携わっていますが、毎回つくづく、小さい頃からのマナー教育の重要性を感じます。また世間もそれを望んでいます。

今回訪問した中学校は、地域とのつながりも深く、担当された先生がマナー教育の必要性をしっかり認識されるとともに、生徒達に熱いまなざしで持って接しておられたので大変好感を持つことができました。講話後に実施したアンケートまでお送りいただき深謝です。

今日は文化の日ですが、和の文化には世界に誇る文化がたくさんあります。
四季折々の伝統行事・衣・食・住・花鳥風月・冠婚葬祭そして礼儀・作法等です。
いずれも私たちの祖先が、1000年も2000年も前から培ってきた、知恵や生き方の集大成です。
未来の紳士・淑女たちに、私たち大人が一番教えなくてはならないものだと感じます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ