コラム

 公開日: 2015-03-12 

マナーうんちく話911《すみれの咲く頃、誠実な生き方のお勧め》

寒い日が続きましたが、この時期、椿やウメのように目立つ花ではありませんが、スミレの花が旬を迎えています。

その昔、大工道具の墨入れに花の形がよく似ているから付けられた名前です。

といっても、ラッパのような形をした花の姿から、墨入れをイメージする人は多分少ないと思いますが如何でしょうか?

しかし、花の色は「スミレ色」と表現されるほど個性の強い色で、日本人好みではないでしょうか。

長年宝塚歌劇団で愛され続けてきた「すみれの花咲く頃」の曲を思い浮かべる人も多いと思います。

花言葉は「誠実」です。
この言葉も日本人の感性にはぴったりですね。

昔と異なり、時代の移り変わりがとても速くなりました。

「歌は世につれ世は歌につれ」と言われますが、流行歌のみならず、情報機器の進歩には本当についていけません。

間もなく、腕時計型端末が発売されるそうで、新しい分野の製品が開発される度に利便性は増し、さらにライフスタイルに影響を及ぼしそうですね。

加えて、恋愛観、結婚観も変わりました。
未婚と言う言葉に加え、今では「非婚」と言う言葉も生まれてきました。

自ら結婚しない人生を選択した人のことです。
さらに、最近では「同性婚」も大きな話題になってきました。

同性婚を法律で認める国も年々増加しているようですが、この先どうなるのでしょうか。

近年急激なスピードで考え方や価値観が大きく変わり、ライフスタイルの変化にも驚くことが多々あります。

マナーもしかりです。

マナーは、その国々の気候風土、国民性、文化、歴史、それに宗教等により大きく異なりますが、同時に不易流行的側面があります。

つまり、マナーも時代の流れとともに変化すると言うことです。
考え方や価値観が変われば当然ですね。

古今東西、様々なギャップは付き物です。

しかし、時代がいくら変化しても、人には変わってはいけない、非常に大切なモノがあると思います。

それは誠実な生き方ではないでしょうか。

何事にも勤勉である事。
何時も正直であること。

何時も謙虚である事。
何時も礼儀正しくすること。

物事の全てを利便性や経済価値のみで判断しないこと。
自分に厳しく、他人に優しい人。

子どもでもわかるごく当たり前の生き方ですが、現実には、このような生き方が難しくなってきましたね。

少々不器用でも、真面目で、誠実に生きている人が報われる世であってほしいものです。

このような生き方こそ、スミレと同じく日本人にマッチした生き方です。

そして、私のマナー講座の目的は、まさにここにあります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ