コラム

 公開日: 2015-02-28 

まなーうんちく話903《春に恋して!》

春の語源は草木の芽が「張る」季節だから春になったと言う説と、気候の「晴る」が転じて春になった説等があります。

さらに英語で春の事を「spring」と表現しますが、この意味は「湧き出る」と言う意味があるそうです。

厳しい冬が過ぎ去り、万物が晴れやかになって来て、地中から草木の芽が湧きでると言うことですね。

そういえば、ファッションも、水も、花も、それに花粉や黄砂等もすっかり春めいてきましたね。

ちなみに3月は「弥生(やよい)」といいますが、草木が「いよいよ生い茂る」と言う意味です。

「春」「張る」「晴れる」「生い茂る」、いずれも前向きで、心が浮き浮き、ワクワクする嬉しい響きですね。

ちなみに、春は天文学的には「春分の日」から「夏至」の前日までですが、二十四節季の上では「立春」から「立夏」の前日までです。

勿論、サシで計ったように明確に季節が変化するわけではありませんが、3月の声を聞くと感覚的には、本当に春が来た感じですね。

また、立春から春分の日の間に吹く、南寄りの風速8m以上の強風が「春一番」ですが、「晴れの国」岡山では今年は2月22日で、例年より22日早かったです。

ちなみに、「春は嵐と共にやってくる」と言われますが、これからは強い風に度々見舞われるようになります。

これが「春二番」、「春三番」ですが、この風を受けながら本格的な春を迎えるわけです。

寒さに向かう冬の木枯らしに比べると、春の強風は「これからが楽しみ」と言うことで、むげに追い返すわけにはいきません。
程度にもよりますが・・・。

そして、春一番・二番・三番の風を受けながら開花するのが、今が旬のサンシュ、ネコヤナギ、スズカケ等です。

先日岡山のデパートで開催された華道展を見学に行きましたが、これらの素材を使用していた作品が多数あり、春の到来を実感しました。

ところで、草木が芽を出し始めることを「草萌え」といいますが、これから食物にとっては、雨に見舞われる度に成長を早めます。

だからこの時期に降る雨には、「木の芽起こし」と言う名前が付けられています。

そして、この雨に誘われて芽を出してくるのが山菜です。
ワラビにゼンマイなどおなじみの山菜が楽しみです。

何かと楽しみの多い季節になってきます。
元気を出して、前向きに歩んでまいりたいものですね・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ