コラム

 公開日: 2015-02-22 

マナーうんちく話899《お伊勢参りと選別と土産の起源》

江戸時代のことですから旅行と言えば徒歩になります。
それで伊勢まで行くのは大変です。

五街道が整備され、交通網が整ったとはいえ、片道で江戸からは15日、大阪からは5日、名古屋からでも3日要したと言われています。

庶民が一人で旅費を工面するのは大変です。
では、どうする?

「講」という組織を作り、皆でお金を出し合い、そのお金で、二人ないし三人が「くじ引き」で選ばれ、代表して「お陰さまの精神」で参拝したとか・・・。

一生に一度は実現したい庶民の夢「お伊勢参り」を、皆の助け合いの精神で実現させた当時のしきたりは、豊かで便利になった今でも真似したいものですね。

ちなみに、江戸時代のマナー「江戸しぐさ」も、力の弱い庶民が、心豊かな生活をおくるために、みんなで、助け合い・譲り合い・思いやりの精神を発揮して出来たものです。

この、皆で出し合ったお金が、いまの「餞別」の起源だと言われております。

権力や財力がある武家社会の「礼儀作法」とは、少しニアンスが異なるわけですね。

今から400年前の1615年、大坂夏の陣で徳川幕府が名実ともに成立し、以後世界に例がない250年以上の平和な時代が続くわけですが、この時期に確立された「助け合いの精神」「お陰様の精神」は、国際化の進展と共に、世界に向けて発信したいものです。

ところで、旅行に行ったら「おみやげ」を買いますが、そのおみやげは漢字で書くと「お土産」になります。

土産を「みやげ」と読むわけですが、これは当て時で、みやげの元の意味は、神社で頂く「御札」を張る板だと言う説が有力です。

当時、選別を頂いてお伊勢参りをしたら、餞別を頂いた人の祈願と御札を持って帰らなければなりません。

また、餞別を出す方もこの御札が目当てになりますから、無理をしてでもお金を工面するわけですね。

その後、伊勢神宮の周りに、その土地の特産物などを商う店が出来たので「お土産」の字があてられるようになったと言うことです。

人が集まる所に商売が目覚めるのは今も昔も同じですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1558《正しく身に付けたい参拝の知識と作法②》

お賽銭の次は「鈴」を鳴らします。鈴を鳴らすことで神様におきて頂くわけです。神霊をお招きするということで...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ