コラム

 公開日: 2015-02-14 

マナーうんちく話892《春を告げるハッピーコラボレーション》

《春されば まづ咲く宿の 梅の花 ひとり見つつや 春日暮(はるひく)らさむ》 万葉集 

春に先駆けて咲いた梅の花を一人眺めながら 春の一日を過ごすのだろうか・・・。

相変わらず厳しい寒さが続いていますが、すでに梅が花を咲かせています。

梅は厳寒の中、百花に先駆けて真っ先に花を咲かせるので「春告げ草」と呼ばれており、縁起のいいものの代表格とされています。

以前にもお伝えしましたように、東風が梅の花を咲かせてくれるわけですが、一輪また一輪と咲く度に、春が近づいて来る気がしますね。

上記の句は山上億良の作ですが、梅はもともと桜のように、日本には存在していませんでした。

遣唐使が中国から持ち帰り、やがて貴族の間で、梅の木を庭に植えて愛でるのが、当時のステータスだったとか・・・。

だから、この時期になると貴族の屋敷では「梅見の宴」が開かれていたようです。何とも風流ですね。

そして、鶯(うぐいす)が山里で、もうすぐ泣き始める頃です。
梅が「春告げ草」なら、鶯は「春告げ鳥」。
まさに夢の競演です。

その時期、虫や鳥が始めて鳴き始めることを「初音(はつね)」と言いますが、当時は、鶯の初音が大きな楽しみであったようです。

ところで、「梅」と「鶯」とくれば「梅に鶯」と言う言葉が浮かんできますね。

では、この意味をご存知でしょうか?
「梅の木に鶯が止まる」と思っている人も多いと思います。

また、梅には鶯ではなく、この時期によくみられる「メジロ」だと言う人も多いようです。

「梅に鶯」とは、梅の木にウグイスやメジロが好んで止まると言う意味ではありません。

「二つの物が程良く調和する」と言う意味です。

梅も鶯も、共に厳しかった冬から、待ち望んだ春を告げてくれるわけですから、昔の人にとって両者は、幸せを運んでくれる、夢のコラボレーションだったわけです。

梅と鶯を二つ並べておけば、縁起がさらによくなると言うよりは、「梅が咲き、鶯の声が聞こえるようになったから春が来たよ、良かったなー」という気持ちがこもっているわけです。

現在は、なにもかも豊かで便利になりましたが、それを持続するのは大変です。
そのせいでしょうか?
やたらと「競争」とか「戦略」等と言う言葉が飛び交っています。

「競争」や「戦略」等と言う言葉は、豊かさの維持や進歩の原動力として大切なかもしれませんが、これらの言葉からは心の豊かさを得ることは不可能です。

人や自然との「和」や「調和」も大切にしたいものです。
「梅に鶯」、日本ならではの、とても美しい言葉です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1692《孤独を防ぐコミュニケーションスキルと地域交流》

世界屈指の孤独な国といわれる日本で、特に深刻なのは中高年齢者の男性でしょう。しかし勤務中は職場の人間関係...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1691《最近とみに希薄になった人間関係。どうする?》

いつの世も人は人に関心を持ちます。1人では生きていけないからでしょうか・・・。前回「中高年の孤独」に触...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1690《「夏は夜」。本当は大きな意味を持つ二十四節気の一つ「夏至」》

相変わらず梅雨空が続いておりますが、梅の実が黄色く熟し、蛍が飛び交う頃はなにかと風情を感じることができます...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ