コラム

2015-02-04

マナーうんちく話885《こんな時代だからこそ再認識したい、日本の素晴らしさ》

立春が過ぎたので、これからは「寒中お見舞い」から「余寒お見舞い」になりますが、最近はすっかり「余寒見舞い」が遠のいた気がします。

それにしても、季節は春だと言うのに、「イスラム国」関連のニュースは日毎に衝撃度が高まりますね。

日本としても、これから新たに取り組まなければならないことも多々あると思いますが、こんな時だからこそ、改めて、日本の素晴らしさを再認識することも大切ではないでしょうか?

江戸時代に日本を訪れた多くの欧米人は、日本の貧しくても平和で、幸せそうな光景を目のあたりにして、大きな感銘を受けたと言われています。

また、「和食:日本人の伝統的な食文化」がユネスコの無形文化遺産に登録され、和食が世界的に注目を集めています。

加えて、オリンピック招致委員会で話題になった、日本の「お・も・て・な・し」の心に熱い視線が注がれています。

かつて日本人は、四季が美しくて平和な社会背景の中、自然と共生し、農業に勤しみ、常に礼儀正しく、謙虚だけど凛とした主体性を維持してきました。

さらに江戸幕府は、相互扶助の社会を作り、「お互い様の心」「助け合いの心」「思いやりの心」を育んできました。

今、このような日本固有の文化やDNAが、世界に評価されることは誠に誇らしいことですが、日本人の実態とはかけ離れている点が多々あります。

例えば、日本は世界屈指の「飽食の国」「美食の国」になりましたが、箸使いがまともに出来る人はごくわずかです。

ちなみに、「箸とお椀」。どちらを先に持ちますか?
また、正しい箸使いや器の扱い方に自信がありますか?
和食が世界無形文化遺産に登録された理由をご存知でしょうか?

最近は物が豊かになり、便利になり、それと共に自由・個性・自分らしさが優先されています。

素晴らしいことですが、反面、他者を思いやる心は希薄になり、「無縁社会」「孤立社会」等の由々しきキーワードが生まれました。

さらにイジメ問題、不登校、環境破壊、難婚化現象等は留まるところを知りません。

日本は、「モノが豊かで便利になったが幸せではない」理由が、まさにここにあるのではないでしょうか?

そこで改めて、日本人が長い間育んできた文化や礼儀作法や和の心を見直し、忘れかけた和の文化を発掘し、気軽に生活に取り入れ、心豊かな暮らしが出来る取り組みが必要ではないでしょうか?

国際化が進展し、社会情勢が大きく変化し、価値観やライフスタイルが多様化する中、思いやりの心や生活の知恵が凝縮された、和の文化の理解を深める機会を作ることはとても大切です。

そして、日本の持つ固有の文化や継承の大切さを再認識したいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1323《淡いを感じる10月の歳時記》

今年は9月の下旬まで残暑が続きましたが、10月の声を聞くと、暑さも和らぎ、天高く、何をするのも快適な季節に...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1322《品格が漂う「ありがとうしぐさ」》

電車にギリギリセーフで乗ったら「ヤレヤレ」と思いますが、御礼を言うことはあり得ないでしょう。しかしエレ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ