コラム

 公開日: 2015-02-02 

マナーうんちく話883《「恵方巻き」、幸運を巻き込む食べ方とは?》

すっかり節分の風物詩として定着した「恵方巻き」。
飲食店やスーパーなどでは、縁起物の巻きずし「恵方巻き」に熱い視線が注がれています。

今年は、景気がよくなったせいか、タラバガニやズワイガニやマグロなどの高級食材を使用した、1本3000円近くもする豪華版もお目見えして驚いていましたが、ブランド牛を使用した1万円の超豪華版まで登場しましたね。

加えて、販売数も販売金額も上昇傾向で、人気の高さを物語っています。

節分と言えば前回触れました「豆まき」が主流でしたが、今は恵方巻きに様変わりした感がありますが、お宅は如何ですか?

そういえば山陽新聞社の「さん太アンケート」でも、節分に、「恵方巻きを食べる」が約88%で、「豆まきをする」は約62%でしたね。

巻きずしはそのまま晩御飯になることや、豆を売るより恵方巻きの方が売り上げに貢献すること等がその理由でしょうか?

それに、節分にその年の恵方、即ち縁起が良い方角に向かって食べれば、幸運に恵まれるという言い伝えにもインパクトがあります。

恵方とは、その年の幸運を司る神様がいる方向で、その年の干支(えと)により決まりますが、今年は西南西だと言われています。

豆まきに比較すれば歴史は浅く、2000年頃からでしょうか、全国各地で宣伝やキャンペーンが展開されるようになったのは・・・。
そして、その由来は様々ですが、定かではありません。

また、食べ方がとてもユニークですから、その理由に触れておきます。

○恵方巻きは何故巻きずしなの?
幸運を巻き込むために「巻きずし」になりました。
さらに具材は「七福神」にちなみ、7種がよいと言われています。

○何故、丸ごと食べるの?
折角巻きこんだ幸運が、巻きずしを切ることにより、運も切れるから、あえて切らないで、丸ごとのまま食べます。

○なぜ黙って食べるの?
食べながら話しをすれば、それと共に口から運が逃げるから、ひたすら黙々と食べて下さい。

○他に心がけることは?
丸ごとの巻きずしを、恵方に向かって、黙々と食べながら、願い事を思い浮かべればいいとされています。

このような理由をつけ、大ヒット商品にした人は本当に賢い人だったと思いますが、上記の食べ方を実際に実行するとすれば、非常に難しいと思います。

家族でどのように食べるか?皆で話しあってみるのもお勧めです。
また、手造り派には、短めで食べ易いものをお勧めします。

立春は元々一年のスタートになる日で、いわば正月に当たります。
そして、節分はその前日ですから、正月に対して「大晦日」です。
だから、鰯と共に、「そば」を食べるのもありだと思いますよ。

景気がよくなるにつれ、年々豪華になる恵方巻きの消費動向。

豪華さを競うのも良いかもしれませんが、それに込められた意味や意義を正しく理解しながら、昔の暮らしに思いをはせるのもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1577《勧善懲悪とマナー》

前回赤穂浪士に触れましたが、それに匹敵するくらいミリオンセラーになったのが水戸黄門ではないでしょうか。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1573《品格がにじみ出る忘年会での振る舞い。好感のもたれる立ち居振る舞いとは》

今回は忘年会で、参加者としてどのように振舞えば良いのか?について触れておきます。忘年会は、いろいろな面...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ