コラム

2015-02-01

まなーうんちく話882《節分の日に、なぜ豆まきをするの?》

「1月はいぬる」とも言われますが、慌ただしく1月が過ぎ今日から2月。
ふと忙しさから我に返ると、日射しがすっかり長くなった気がしませんか?

昔の人は、一日に畳の目一つ分日射しが伸びると言いましたが、寒いながらも、伸びた日射しと草木の芽に、春の予兆を感じる頃でもあります。

そして、今年も節分がやってきましたが、「節分」とは何かご存知でしょうか?

日本は四季が明確に分かれており、暦の上では立春、立夏、立秋、立冬がありますが、その前日、つまり季節の分かれ目が全て節分です。

それが室町時代頃になって、春の節分に重きが置かれるようになって来て、節分と言えば「春の節分」を指すようになったということです。

この理屈は、何もかも便利で豊かな生活をしている現代の日本人には理解できませんが、照明や暖房が乏しかった昔の冬の夜は、暗闇が長く、しかも寒さが厳しいので本当に大変だったわけです。
当然、食べるものにも不自由します。

だから、それだけ暖かさが増し、草木が芽吹く春が待ち遠しかったわけですね。

ちなみに、2月は「如月(きさらぎ)」と言いますが、これは草木の芽が張りだす頃という意味です。

辛くて厳しい冬から、希望の春への期待がそのまま名前になったわけですね。いかに春の節分に重きが置かれたかがよく解ります。

しかし、手放しでは喜べません。
季節の変わり目には悪魔、つまり鬼がやって来て悪さをします。

そこで炒った豆を蒔いて鬼を封じるわけです。
なぜ豆かと言えば、「豆」には邪気を払う効果があるとされているからです。
「豆」=「魔滅(マメ)」です。

さらに鬼は、火やトゲトゲしいものや悪臭が嫌いです。

従って、生の豆を火で炒ることにより、豆に火気を漂わすわけです。

そして、「鬼は外・福は内」の掛け声と共に炒った豆をまき、豆蒔きが済んだら戸を閉めます。

さらに、再び鬼がやってこないように、柊(ひいらぎ)の枝や葉と、鰯(いわし)の頭をさして軒下につるします。

柊のトゲトゲしい葉や、鰯の何とも言えない悪臭で、鬼を寄せ付けないわけです。ちなみに、柊は「鬼の目突き」とも言われており、庭にもよく植えられていますね。

また、鰯は安価で、美味しくて、しかも健康に良いので、昔から庶民の大好物だったわけですが、弱点は「魚」篇に「弱い」と書かれるように腐敗が早く、悪臭が漂うことです。

山陽新聞社の「さん太アンケート」によると、「福は内」の「福」で最も希望する福は男女とも「健康」だったようですが、豆まきが終わったら、自分の年の数だけ蒔いた豆を食べると、健康長寿に恵まれると言う言い伝えがありますので、頑張って召し上がって下さい。

但し、数え年計算になります。
所により、年齢より一つ多めの豆を食べる所もあります。

また、有名神社等では、芸能人等が袴(はかま)姿で豆まきをしますが、これは当時、袴は武士の最礼装だったので、庶民がこれを真似するようになったからだと言われています。

節分の日に、神社仏閣にいつもと違う服装でお参りすると、魔滅になり、健康で、家内安全でいられると考えられていたようですね。

次回は「恵方巻き」に触れておきます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1316《正しく理解したい「春分」と「秋分」、「お盆」と「お彼岸」の違い》

日本には一年を24に分けた「二十四節気」が有りますが、それには大きな節目が4つあります。ご存知でしょうか?...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1315《まことお彼岸入りの彼岸花》

四季が明確に分かれている日本には「風物詩」という美しい言葉が存在します。風物詩は俳句の「季語」のように...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1314《一人の高齢者が死ぬと一つの図書館がなくなる》

敬老の日にちなみ、新聞やテレビで全国の長寿の人達が紹介されていますが、豊かで平和な国ならではの微笑ましい光...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ