コラム

 公開日: 2015-01-31 

マナーうんちく話881《夜明けと春の訪れを知らせる縁起の良い鳥とは?》

このコラムでも常に取り上げていますが、日本は春夏秋冬の四季だけではなく、一年を24に分けた「気」と言う季節と、72に分けた「候」と呼ばれる季節があります。

一年を周期として繰り広げられる、ある土地での大気の状態の事を「気候」と言いますが、これは二十四節気の「気」と、七十二候の「候」を合わせたモノに他なりません。

旧暦の暮らしは、そのような季節の移ろいを敏感に、かつ正確に感じ取っていたのですね

旧暦ですから、時代錯誤も多々ありますが、何もかも慌ただしく流れて行く今の時代を、如何に心豊かに生きて行くか?
参考になるヒントが多々あると思います。

ところで、二十四節季の始めは「立春」で、終わりは「大寒」です。

その大寒の終わり、つまり七十二候の一番終わりは、1月30日から2月3日頃、つまり立春の前までが、「鶏始めて乳す(にわとりはじめてにゅうす)」です。

鶏が初めて卵をうみ始める頃という意味です。
ちなみに「乳」は「産む」と言う意味もあります。

巷では、「節分の豆まき」や「恵方巻き」、そしてバレンタインのチョコレートが話題になっていますが、旬の話題は「鶏」やその「卵」です。

もっとも、今では鶏は年中卵をうみますが、元々鶏は冬には卵をうまず、日差しが長くなるにつれて卵を産む鳥でした。

そして、悪霊が活動する夜と、人間が活動する昼との境を告げる鳥として、昔から尊ばれてきたわけです。

それと同じように、長く厳しかった冬の終わりと、春の到来を告げる、縁起の良い鳥でもありました。

昔は仏教の影響でしょうか?日本では牛・馬・犬・鶏、そして卵などを食べることが禁止されていました。

しかし、江戸時代には「卵を食べることは殺生ではない」と解釈されるようになり、卵が貴重な食べ物になり、養鶏業が盛んになり、魚や野菜等と同じように、卵売りの行商が江戸の町に、頻繁にやってくるようになるわけです。

なにしろ、当時としては、美味で、食べ易く、栄養満点の食物ですから、色々な人に重宝されたのでしょうね。

《生卵北極ほどな穴を開け》という有名な川柳があります。

北極星ほどの小さな穴を、カンザシなどで穴を開け、直接口を吸いつけて、栄養補給をします。
 
命を繋いでくれる貴重な卵の生みの親でもあり、夜明けを告げる鳥でもあり、春を知らせる霊長でもある鶏だからこそ、一年の締めくくりになったのが頷けます。

希望に燃えて、前向きに進みたい気分になりますね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ