コラム

 公開日: 2015-01-18 

マナーうんちく話873《阪神・淡路大震災とボランティア精神》

阪神・淡路大震災が20年経過した節目に、防災に対する意識が高まり、自主防災組織があちらこちらで作られています。
素晴らしいことですが、これだけでいいのでしょうか?

これから私たち日本人は、どのように生きて行くか?
どんな社会を目指せばいいのか?
真剣に考える必要が生じている気がしてなりません。

日本は世界屈指の地震国ですが、恐るべき震災に適応できる完璧なマニュアル作りは無理だと思います。

ところで、阪神・淡路大震災が起きた1995年は「ボランティア元年」と言われています。

「ボランティア」という言葉を目にしたり、耳にしてどんな事をイメージされるでしょうか?

災害復旧活動、福祉活動等を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

日本では「お互い様」「助け合い精神」は根付いていましたが、ボランテイアに関する歴史は浅く、明確な定義がないまま月日が流れたと感じます。

元々はヨーロッパで、数百年前に「家族や地域を守る自警団に参加する人」のことを意味していましたが、やがて戦争や革命に参加した「志願兵」「義勇軍」などを呼ぶようになりました。

そして日本では、明治になり欧米諸国の多様な文化が輸入されるのに伴い、病院や学校や教会等を通じて、ボランティアの言葉が知られるようになりました。

その後、国が豊かになるにつれ、「労わりの心、愛と優しさ」を発揮することが、ボランテイアの基本であると考えられるようになったわけですね。

そして、阪神・淡路大震災の時には、被災者の元に全国各地から救援の人々が多数駆け付け、まさに渾身的な活躍をして、多くの人々を励まし、勇気づけたのはご承知の通りです。

この時に、日本のボランテイア活動が一気に加速し、1995年は「ボランテイア元年」と言われるようになりましたね。

では、今流のボランティとは何か?
それは、「報酬を得るためではなく、主体的に、労わりの心や愛と優しさを持って、自分の労力や知識等を他人や社会のために提供すること」です。

これが従来のボランティアの基本的な考え方でしたが、社会情勢は大きく変化しています。

それに伴い、ボランティア活動の捉え方や、あり方も変わってきます。
今までは「ボランティア=無償」でしたが、現在は「有償ボランティア」も珍しく無くなりました。

私も学校や地域等から、予算の関係で、ボランティアとしての講演を依頼されることがありますが、交通費を頂いたり、食事をご馳走になったりすることは結構あります。

マナーには不易流行の側面がありますが、ボランティアも、時代の流れと共に柔軟に変わっていくことは大切ですね。

アメリカはボランティアが盛んで、個人の評価として査定されたりするようですが、日本でもボランティア精神は非常に旺盛になって来た感があります。

この機会に始めてみるのもお勧めです。

そこで、次回はボランテイアに取り組むための「心構え」に触れます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1690《「夏は夜」。本当は大きな意味を持つ二十四節気の一つ「夏至」》

相変わらず梅雨空が続いておりますが、梅の実が黄色く熟し、蛍が飛び交う頃はなにかと風情を感じることができます...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1687《「包装」に込められた相手を尊ぶ日本人の心意気》

外国人が日本の贈答文化について大変驚きを感じる点は多々あります。贈答の種類の多さ、渡すタイミングや渡し...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1686《神様への感謝とお願い!日本の贈答の起源》

そもそも日本では縄文時代の頃から贈答の習慣があったといわれます。このころは稲作文化も未発達で、狩りで射...

[ 贈答のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ