コラム

 公開日: 2015-01-15 

マナーうんちく話870《正月を片見おろせば小豆粥》

正月、三が日、松の内、七草粥、鏡開き、に続き、1月15日は「小正月」で、
正月が半分過ぎたことになります。

「どんと焼き」「どんど焼き」「とんと焼き」、あるいは「左儀長」と呼ばれる火祭りの行事が、全国津々浦々で行われます。

このコラムでも取り上げましたが、正月を迎える準備として、門松を用意して、注連縄を飾るわけですが、これらは正月が終われば払わなければいけません。

私たちに、豊作、健康、長寿、子孫繁栄をもたらしてくれる歳神様をお迎えした縁起物ですから、燃やすのが礼儀です。
また「この火に当たると風邪を引かない」という言い伝えがあります。

また、小正月には「小豆粥(あずきがゆ)」を食べる習わしがあります。
1月7日の「七草粥」はなじみが深いですが、15日の小豆粥はご存じない方も多いと思います。

15日は正月が半分過ぎたので、
《正月を 片身おろせば 小豆粥》と江戸の川柳にあります。

小豆粥(あずきがゆ)は米と小豆を焚きこんで作りますが、「晴れの日」の縁起のいい食べ物で、美しいピンク色がつくので「桜粥」とも言われます。

と言っても、今では、ほとんど反応が無くなり、昔ほど風情が無くなりましたが、縁起を担ぐ人にはお勧めです。

小豆の赤い色は「邪気を払う」とも言われますが、この日に小豆粥を食べると、その年は邪気を払い、風邪をひかないと言われています。

さらに縁起を担ぐとしたら、この小豆粥を混ぜたり、食べたりする時には、柳の木を使用すると良いと言われています。
柳の木は、生命力が大変旺盛だからです。

ところで、西洋にはレディーファーストの文化があり、昔の日本には男尊女卑の風潮がありましたが、小正月は、正月に忙しく活躍した主婦に一息ついて頂く日でもあります。

だから「女正月」とも言われます。
日頃主婦業で多忙な生活をされている人は是非くつろいで下さい。
そのためには男性の協力は不可欠です。

今まで「晴れの行事」がオンパレードのお正月でしたが、今日の「ドンド祭り」「小豆粥」で、一応の正月行事にけじめを付けるとともに、浮き浮きした気持ちともお別れして、また明日からは日常の生活を元気でお過ごし下さい。

そして正月に年頭の誓いができなかった方、小正月の日にされるのもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1679《法要の心得》

法要は「法事」ともいいます。死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う儀式です。ちなみに死後の...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ