コラム

 公開日: 2010-10-27  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話⑰≪男の育児休暇と躾≫


マナーうんちく話⑰《男の育児休暇と躾》

「改正育児介護休業法」により、専業主婦家庭における夫も育児休暇が取得しやすくなったようですね。
男性の育児参加がすっかり浸透してきた時代背景もあるようです。そんな中、市町村の首長が育児休暇を取得しようと動きは複数ありましたが、先日広島県では湯崎県知事が育児休暇取得を表明しました。多分県知事レベルでは初めてだと思います。
正直私はびっくりしました。

これに対して、大阪の橋本府知事は、苦言を呈しております。

湯崎知事は、「トップ自ら率先して、男性の育児休暇取得の前例を作り後の人が取り易くする」と言っているのに対し、橋本知事は、「何もかも大変厳しく、育児休暇は取りたくても取れないのが現状である。施策の整備が先決である」と言っています。
皆さんはどちらの言い分に賛成されますか?

自治体の首長レベルの育児休暇取得については賛否両論あってしかりだと思いますが、取りたくてもとても取れないのが圧倒的多数のようですね。まして男性ともなれば、「男性が育児休暇を取るの?」という風潮は依然として強いものがあり、取得率も未だ1%台です。

男性の育児休暇取得を受け入れてくれる環境や周囲の理解も必要になってくるので、この不景気の状況では「絵に描いた餅」になりそうです。
無理をして取得し、その後出勤したら自分のデスクがなくなっていた、では悲劇です。

そもそも育児がお母さんの主たる仕事になったのは、以外にも明治維新以後でまだ歴史的には浅いということをご存知でしょうか?

すなわち江戸時代にはお父さんが育児に携わっていたそうです。
肩で風を切って歩いていた武士が、実は家で子どものオムツを替えていたのですね。

政権が安定し、経済も豊かになり、多様な文化が花開いた江戸時代には礼儀・作法が武家階級から一般庶民にまで浸透した時でもあります。
其れにつれ、実用的な「育辞書」も数多く出版されていますが、そのほとんどが男性向けです。

江戸時代は男性が子どもを育てた時代だったのですね・・・

今はどうかわかりませんが、我々の頃は「父兄会」というのがありました。
保護者会のことです。
参加するのはほとんど母親でしたが・・・
多分その(江戸時代の父親の育児)名残でしょうね。

江戸時代は家長制度の元、妻をめとり、子どもを産み育てるということは、「家」を存続させるためにとても重要なことでした。

そして身分制度が存在していたため、武士には武士の育児があり、町人には町人にふさわしい育児が存在したと思われます。
特に当時の武士は、礼儀・作法に絶対的価値がおかれていたので、育児にもかなり神経を注いでいたと思います。さらに、先祖代々伝わる家の格式などは、父親が責任もって子どもに引き継がすという独特の気風があったのではないでしょうか。

年齢により武士の子らしく、挨拶・我慢強さ・謙虚さ・品格・本当の優しさ等をキチンとしつけていた気がします。
また子どもを不用意に叱りすぎると「おどおどした子に育つ」、夫婦仲が悪ければそれを見て育った子供は「不孝者に育つ」、礼儀・作法を厳しく躾れば「気品のある子供に育つ」等など、時代がいかに変わっても変わらない教えが存在していたのですね・・・

明治になり、育児が男性の責任から女性の責任に転換し、やがて育児や保育は女性のものとして固定化され、そして現在は夫婦の共同作業になりつつあります。

知事クラスの育児休暇取得の論争は当分話題になると思いますが、子育ての担い手が、お父さん、お母さんだけではなく、地域や社会全体で「国の宝である子ども」を立派に育て上げる風潮やシステム作りがなにより大切だと感じます。

「親はなくとも子は育つ」という言葉は、地域が充実していたからこそ生まれた言葉です。







この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ