コラム

 公開日: 2015-01-11 

マナーうんちく話866《成人式と振袖の知識とマナー①》

成人式にちなみ、振り袖の知識とマナーに触れておきます。

長い袂(たもと)の振り袖は、未婚女性の人生の門出の日に相応しい、第一級の礼装とされていますが、殆どの人が成人式で初めて着る方が多いと思います。

しかし、振り袖には長い歴史があります。
江戸時代の中頃になると衣食住が安定するようになり、それにつれて若者が振り袖を好んで着用するようになりました。
そして、若い女性のファッションとして定着するようになりました。

ただ寿命が短かった江戸時代は、当然結婚適齢期も10代半ば頃と若く、18歳を過ぎればもう若者ではなくなるので、たとえ未婚でも振り袖のたもとを切り、留袖にしたと言われています。

つまり、振り袖は結婚、未婚を問わず年齢に応じて着ていたのですね。

さて、折角の美しい振袖を着たら、それに見合う立ち居振る舞いが大切です。
現在の日本は物が大変豊かですので、成人式の日には、女性の多くは豪華な振袖を着用します。

つまり、振り袖の豪華さではあまり差は出ないということです。
しかし、立ち居振る舞いはそうはまいりません。

立ち姿、座わり方、歩き方、お辞儀の仕方、加えて態度や表情等など全般に当たり、それなりの振舞い方が求められます。

動作に区切りを付ける、動作の終わりをゆっくりする、視線の向きに注意を払う、指を綺麗に揃えるなど、ちょっとした心掛けて、より美しくなります。

美しい立ち居振る舞いは、さらに振り袖姿に箔が付くということです。
この機会に美しい立ち居振る舞いを心掛けて、普段とはまた異なる美しさを醸し出して下さいね。

○振り袖を着て歩く時
兎に角、姿勢を正して下さい。
背筋をまっすぐにのばして、「内また」を意識して、歩幅はいつもより少し短めがお勧めです。ややこしいようですが、着物を着たら歩幅は自然に小さくなります。

また、おろしたての草履(ぞうり)は鼻緒がきついので、予め少し緩めて置くこともお勧めです。
着物を着る前に草履をはいて、少し足を慣らすのもいいですよ。

ちなみに、今のように歩く時に左右の脚と交互に手を振って歩くようになったのは、明治時代からだと言われています。

○椅子に座る時
お尻から座る感じがお勧めです。
裾を前で重ね、上前と一緒に右手で軽く押さえれば大丈夫でしょう。

帯の形が崩れないように椅子に浅く腰かけ、足は綺麗に揃えます。
背もたれは有ってないものと心得て下さい。バッグを背もたれとお尻の後ろに置くと良いですね。
坐っている時は袖を膝の上で重ねて下さい。

また、柔らかめのソファー等にはなるべく座らないで、出来れば固い感じの椅子がお勧めです。

次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1621《今流の男の礼儀作法④「礼儀作法は教養の代名詞であり、生活の必需品だった

経済力や地位が高まれば次に望むものは知性や教養というのは古今東西普遍のようですね。「衣食足りて礼節を知る...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1620《雨水!春の雨で鋭気を養い、自分らしい花を咲かせよう》

雪が多い年は豊作になるといわれていますが、「瑞花(ずいか)」という吉兆を表す言葉があります。雪が多く降...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1619《ブランド志向とティファニーのテーブルマナー教本》

今の子育ては間違いだらけ!?教育者ではないので、子どもの教育のことはよくわかりませんが、若者の様々な研修...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1618《どう思う?「ブランド志向」》

頭の先からつま先まで!ブランド商品で固めた人をよく見かけるようになりました。それだけ物が豊かになった...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1617《今流の男の礼儀作法③「礼儀作法は本来男のために作られた」》

マナーに関する講演や研修をかれこれ1000回近く行っていますが、その9割以上は学生、若者、女性対象です。...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ