コラム

 公開日: 2015-01-01 

マナーうんちく話858《そもそも歳神様はどんな神様なの?》

新年おめでとうございます
《マナーうんちく話》にお付き合いいただきありがとうございます。

お陰を持ちまして、昨年も素晴らしいご縁を数多く頂き感謝の至りです。
今年も何卒よろしくお願いいたします。

さて、日本は世界屈指と言われるくらい年中行事が沢山ある国ですが、中でも「正月」は最も長い歴史を有する行事です。

ところで、一月一日の午前中は「元旦」、一日を「元日」、3日までを「三が日」、7日までを「松の内」と言います

松の内とは、年神様が里帰りする時の依り代になる門松を、家の玄関に左右一対にして立てるわけですが、その門松がある期間のことです。

暮れに用意した、門松は7日に納めるわけですね。
ちなみに、門松を収めたら年賀状から「寒中見舞い」になりますからご注意ください。

ところで、昔の人は、新しい年には「歳神様」が里帰りすると信じられていました。

何のために歳神様がお帰りになるのかといえば、子孫に幸福をもたらすためです。

つまり、歳神様は一年に一度里帰りして、子孫に「豊作」と「健康」と「子孫繁栄」をもたらして下さるわけです。

さらに、歳神様から平等に一つ「歳」を頂く時でもあります。
正月になると年齢が1歳加算される「数え年」の原点はここにありますが、「お年玉」の由来もしかりです。

以上歳神様は、これだけの恵みをもたらして下さるわけですから、一年の始まりである正月は、家族総出で大晦日から徹夜して、歳神様をお迎えし、真心込めて精一杯お持て成しをしなければなりません。

既にお話ししましたが、歳神様をお迎えするに当たり、食べ物をお供えするわけですが、「お歳暮」はそれに由来します。

では、「歳神様」とはどんな神様なのでしょうか?
歳神様はご先祖の集合霊のことです。

亡くなって間がないか、あるいは数十年しか経過していない霊が「仏様」で、その仏様が里帰りする時が「お盆」だと認識して頂ければ良いと思います。

そして、40年、50年以上経過した霊は「歳神様」という認識で良いと思います。

「歳」は時間の区切りで有る「年」と、穀物の豊穣を表し「農耕神」とされています。その農耕神は時として「山の神」、「田の神」になられます。

春に「花見」がありますが、その由来は、桜の木の下に鎮座されると言われる山の神をお迎えに行き、桜の木を囲んで神様と人が飲食を共にする行事です。

そして「山の神」を里にお連れして「田の神」になって頂き、これから始まる田植えの無事を祈るわけです。

米は秋には収穫できますが、これに感謝するのが「秋祭り」です。
即ち秋祭りは、米の豊作を田の神様に感謝する大切な行事なのです。

田の神様を「お神輿」に乗せ街中を練り歩き、邪気を払って頂き、再び山にお帰り頂くわけですね。

昔も今も「生きることは食べる」ことです。
特に、日本は「瑞穂の国」と言われるように米の国ですから、米の出来、不出来により、向こう一年の命運が別れるわけですから、豊作をもたらして下さる歳神様を如何に丁重にお迎えし、お持て成ししたかは容易に解ります。

日本が世界に誇る「お持て成し」の原点は意外にここにあるのかもしれませんね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ