コラム

 公開日: 2014-12-28 

マナーうんちく話854《正月をハッピーに彩る縁起のいい植物②》

○松
門松に使用されるように「神を待つ木」として正月には不可欠の木です。
クリスマスに使用されるもみの木と同じく、一年中緑を絶やさない常緑樹は神様が宿る木として神事等に使われてきたわけですね。
若松は正月花としては一般的です

○竹
真っすぐに、勢いよく伸びて、生命力にあふれているので、お目出度い植物として重宝されています。

加えて、等間隔に節目があるので貞操を意味することもあります。
生花の器にも成ります。

○梅
厳寒の中、多くの花に先駆けて花を咲かすので、お目出度い木の象徴にされています。万葉集でも萩に続いて多く詠まれています。

平安貴族は自分の屋敷に梅を植えるのがステータスだったようです。
但し、梅は門松や鉢植えには使用されますが、切り花としてはあまり出回ることはありません。

○菊
延命長寿や魔よけとして使用されます。
とに角、長持ちするので生花の材料としてはとても優れています。
この花も、花がほとんど絶える秋の終わりに香りと共に気高く咲くので、昔から重宝されています。

9月9日は重陽の節句ですが「菊の節句」とも言われ、菊酒を飲み長寿を祈ります。「菊を生けると福が来る」と言われていますので正月には特にお勧めです。

○葉ボタン
キャベツの変種で、紅と白の2種あり、紅白の縁起の良い色合いになるのが受けて、江戸時代から正月飾りとして使用されています。百花の王と言われる牡丹が手に入れるのが難しかったので、牡丹に良く似た植物を「葉ボタン」という名前を付けて、牡丹の代わりにしたのが始まりだと言われています。

○ウラジロ
葉の裏が白いので心が清らかと言う意味があります。共に白髪になるまでという意味もあります。加えて、葉が対を成しているので夫婦和合の意味もあり、正月には無くてはならない植物です。

この他にも、何もない冬に赤い美しい花を咲かせる「椿」や、高潔な姿から君子に例えられた「蘭」等もお目出度いとされています。

洋花の「薔薇」も花が咲いている期間が長いのでお目出度い花とされています。

日本は南北に長く、四季が明確に分かれているので、一年を通じ様々な花を愛でることが出来る国で、栽培技術も非常に高く、世界各国から高い評価を得ています。

そして年中行事も非常に多い国ですが、その行事には花は付き物で、古くから愛された縁起の良い花が沢山あります。

正月用だからと言って、この花でなければならないと言う決まりは有りませんが、それらに付けられた由来を理解して、自分流にアレンジするのもお勧めです。

花に愛着を持ち、花の名前を沢山覚えられる事をお勧めします。
ということで、晴れやかな正月を、縁起花で華やかに祝い、未年(ひつじどし)に幸せの花を沢山咲かせて下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ