コラム

 公開日: 2014-12-26 

まなーうんちく話852《「もてなしの心」が凝縮された迎春準備の意義と意味》

お正月に「注連縄(しめなわ)」や「輪飾り」などをされる方は多いと思います。

神社や神棚に「注連縄」が張り巡らされていますが、これは「その場所が神聖な場ですよ」と言う意味です。

従って、「しめ飾り」やその略式である「輪飾り」を飾る意味は、単なる装飾としてではなく、この一年の穢れをはらい、新しい年の魔よけとして飾るわけです。

最近は色々な物が販売されていますが、これらも門松と同じように、準備する日が大切です。

前回もお話ししましたが、12月26日、27日、28日、30日がお勧めです。

29日は「二重苦」に繋がるとされ、31日は「一夜飾り」になるので神様をお迎えするに当たり、ギリギリになって準備するのは失礼とされています。

飾る場所ですが、基本的には玄関の軒下の真ん中がお勧めです。
輪飾りは水道や車等、またパソコンの仕事をされる方はパソコンの上に置かれても良いでしょう。

お正月は、ご先祖様が年に一度里がえるされるのをお持て成しする大切な行事ですから、その準備はゆとりを持ってするのがお勧めです。

また、床の間があるお家では、床の間に正月に相応しい掛け軸をかけ、床の間に向かって真ん中に香炉、右側に鏡餅、左側に松・竹・梅等の生花を飾られたらいいでしょう。

正月用の「縁起の良い植物」に関しては、次回詳しく触れますので是非参考にして下さい。

最近は「お節料理」なども、出来合いのものを購入される方が増えてきました。
皆さんは「手造り派」でしょうか?
「出来あい派」でしょうか?

昨年暮れのオリンピック招致委員会で、日本の「お・も・て・な・し」が世界中で大きな話題になり、世界各国から和食と共に「お持て成し」に熱い視線が注がれています。

このお持て成しの原点は、まさにお正月にあると思います。

世界は日本の礼儀作法や和食やおもてなしの心を絶賛していますが、現在の日本では言葉だけが先行して、世界が認める実態とはかけ離れている気がしてなりません。

だから、家庭、地域、職場における絆が希薄化して、「無縁社会」等と言われる由々しきキーワードが生まれたのではないでしょうか?

忙しいのは誰でも同じです。
それと、「本当のお持て成し」とは、美辞麗句を並べるものではありません。

それなりの準備と真心が必要です。
便利に出来るモノでも合理的でもありません。
つまり手間暇がかかるモノです。
だから値打があるのです。

マナー研修を受け、形ばかりを身に付けるのも良いかもしれませんが、「おもてなしの心」「思いやりの心」「感謝の心」は、このような事を大切にすることにより自然に培われていくものだと考えます。

その意味においては、迎春の準備は特に大切にして頂ければと思うわけです。
家族が協力することにより絆も深まります。

正月を大切にすれば、一年を大切に過ごすことができます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ