コラム

 公開日: 2014-12-22 

マナーうんちく話849《「一陽来復」、冬至と柚子湯と南京》

12月22日は一年で最も夜が長く昼が短い「冬至」です。
現在の12月の夜はイルミネーションが夜空を美しく照らし、街の元気や人の暖かさを醸し出してくれますが、照明器具が無かった昔は大変です。

6月21日は夜が短く昼が一番長い「夏至」ですが、それと比較すると約5時間の差がありますので、暗くて、長い夜は本当に大変だったと思います。

また、一年で最も寒い時期は立春の頃です。
最も夜が長い冬至と、最も寒さが厳しい立春の前日は、共にどん底の日ですが、モノは考え方次第です。

冬至を過ぎれば昼が次第に長くなり、立春を過ぎれば春がやってきます。
つまり、もうこれ以上は悪くなることは無く、後は上昇するのみですから、昔はこれらの日を一年の始まりとしていました。

まさに陰極まって、陽が帰(復)ってくるわけですね。
「一陽来複」です。

大変縁起の良い諺で、「悪いことが続いたら、次は幸福が訪れますよ」という意味でこの時期によく使用されます。
「復」を幸福の「福」に置き換えて、「一陽来福」と表現されることもあります。

そして冬至と言えば「柚子湯」ですね。
「柚子湯に入ると風邪をひかない」と昔から言い伝えられています。

「冬至」と「湯治」の語呂合わせからきているようですが、昔は冬至が一年の始まりだったので、柚子の香りで身体を清めていたという説もあります。

柚子湯は、風邪を引かないばかりではなく、血行が促進されるので、疲労効果や美肌・美容効果も期待できますが、敏感肌の人は注意して下さい。

柚子の汁はレモン絞りで絞り、そのジュースは蜂蜜と共に熱いお湯で割れば「柚子ネード」が完成で、残りの皮を布の袋に入れて湯船に入れればOKです。

この習慣は江戸時代から始まったようですが、柚子が無理でしたらミカン風呂もお勧めです。

ミカンも皮を天日干しにしたものを利用すれば、さらに効果が高いようですから是非お試しください。

加えて冬至に「ん」の付くものを食べればハッピーになると言われています
レンコンやウドンなども良いですが、良く知られているのがカボチャ{南京(ナンキン)}ですね。

冬は野菜が不足し、ビタミン不足に陥りやすいので、カボチャは持ってこいの栄養補給元です。

夏の野菜がなぜ冬に?と思われるかもしれませんが、夏野菜の中でカボチャは保存性が高いので、夏に収穫しても充分冬まで持ちます。
我が家にも夏収穫したカボチャがありますが、保存は全然難しくありません。

柚子風呂に入り体を温め、気分を一新して、また明日から頑張って下さいね。人生悪いことばかりではありません。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ