コラム

 公開日: 2014-12-14 

マナーうんちく話845《クリスマスイベントと世界平和》

日毎に夜が長くなり、気温が低くなってくると、夜の街が一段と活気づいてきます。

神様(神道)・仏様(仏教)の国である日本が、キリスト教国より早くから、盛大にクリスマスイベントを繰り広げているのは、考えてみればおかしな話ですが、それだけ日本が豊かで、商魂たくましく、外国の文化をおおらかな気持ちで受け入れているからでしょうか?

また、クリスマスプレゼントを通じ、互いに思いやりの心を発揮しあう、優しい国民性を有するからでしょうか?

寒風吹きぬける夜に、コートの襟を立て、ポケットに手を入れて眺めるクリスマスイルミネーションは、平和のありがたさや、人の温もりを表しているようです。

ちなみに、イルミネーションは照明を意味する言葉で、船舶や建物の外側に電球を付けて装飾することでしたが、現在はクリスマスツリーを始め、街路樹や鉄塔などにも多彩に使用されるようになりました。

そして、クリスマスは、もとはヨーロッパの原始宗教の「冬至のお祭り」という説がありますが、当時の人は、夜が長くなることと、太陽のパワーが弱くなることに関連があると考え、その復活を祈念したようですね。

クリスマスツリーに「樅の木」が使用されるのは諸説ありますが、常に緑を絶やさない樅の木に、そのような願いを込めたかもしれません。

加えて、自然の恵みがいつまでも続く事を願ってクリスマスケーキを頂き、闇を照らすローソクに光溢れる生活を託したのでしょうか。

ところで、日本の正月は、歳神様の里帰りの際の依り代になるように「松」の木で門松を作りますが、松も樅の木と同じく一年中緑を保っている常緑樹です。

また、日本の歳神様は五穀豊穣をもたらしてくれます。
加えて、日本でも冬至は、一年の中でもどん底の日で、これを一年のスタートと捉えた時代もあります。

だから、冬至には、柚子の臭いでけがれを清めるために柚子湯に入り、幸福が舞い込むように「ん」の字のつく「かぼちゃを」たべるのでしょうね。

今、昔とは比較にならない位にモノが豊かで便利になりました。
しかし、世界に戦争が絶えることは有りません。

いつの世も、宗教の違いが戦争の大きな原因となっているのは歴史が示す通りですが、なんとかならないものでしょうか。

冬至に関する気持ちは、日本もヨーロッパも同じで、国境や宗教の違いは見られません。

ノーベル平和賞を受賞したパキスタン人のマララ・ユスフザイさんは、「肌の色、言語、信仰する宗教は問題ではありません。互いに人間として尊重し、尊敬しあうべきです。」と語っています。
17歳の女性から教えられることが多々ありますね。

クリスマスイベントをどこの国より盛大に謳歌できることは大変ありがたいことです。感謝の限りです。

ただ「礼節の国」日本としては、単にこれを喜ぶばかりでなく、日本古来の礼儀作法を通じ世界の平和に少しでも貢献したいものです。

平和で自然と共生してきた社会環境の中で誕生した、日本の礼儀作法は、「思いやりの心」「おもてなしの心」を具体的に表現したものに他なりません。

加えて、「思いやりの心」「おもてなしの心」は正月行事を始め、多彩な年中行事の中で長い時間をかけて育まれてきました。

だから、正月を始めとする年中行事の意味や意義を正しく理解し、国際化の進展と共に、世界に向けて発信することが大切であると痛感します。

マララさんの会見に感銘を受けましたので、来年も益々頑張って参りたいと思っております。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1432《女性の社会進出とレディーファーストの文化①》

桜前線や花見情報などこれからしばらくは桜の話題で盛り上がる時期ですね。科学が発達したおかげで最近では桜...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1431《日本の幸福度と教育と感謝の心》

全国のトップを切って3月21日に早々と東京で桜の開花宣言がなされましたが、これから順次「桜前線」が日本列島を南...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1430《中高年に課せられた高度なマナーとは?》

日本では「春は嵐と共にやってくる」といわれますが、西洋では「春はライオンと共にやってくる」と言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1429《「弊社」と「当社」、好感をもたれるのはどちら?》

和風月名では3月は「弥生」ですが、他にも「雛月」「桃見月」「花見月」そして「夢見月」があります。いずれ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1428《ファックスを送信した。この時確認の電話は?》

春の陽気に誘われ虫達が地上に出て活動する時で万物が躍動する時です。姿勢を正し、心機一転希望のスタートを切...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ