コラム

 公開日: 2014-12-09 

マナーうんちく話843《年賀状、こんな時にはどうする?》

今回は普通ではない場合、例えば「出していない人からいただいた時」「相手が喪中」「自分が喪中」「喪中では無いけど良くなかったことがあった人」への対応に触れておきます。

●出してない人から頂いた時
出していない人から年賀状を頂いた場合は、なんとなく気まずい思いがするものですが、速やかに出して下さい。

出さなかった理由は書く必要はありません。いただいたお礼を書くか、普通どおりに書くかは人それぞれですが、私は普通どおりに出します。

●喪中葉書の捉え方
○正しく理解したい「喪中」の意味
近親者が無くなったら、その死を悼み、霊魂を鎮めるために、身を慎む風習はどこの世界にもあります。ただ、喪に服する期間や程度は、故人との関係・地域・宗教・その人のおかれている状況により様々です。また、考え方も人それぞれです。

従って、喪中だからと言って「こうしなければいけない」と言う決まりは有りません。加えて日本では、「忌中」と「喪中」という捉え方がありますが、忌中、喪中の言葉を使用しない宗派もあります。

仏教では、亡くなってから49日までが忌中で、死を忌む期間です。忌中の時は仕事をせずに殺生もしません。

勿論神社への参拝や年賀状のやり取りもしません。故人の死という現実を受け止める大事な期間です。

これに対し49日を経過した「喪中」は、故人を偲ぶ期間で、忌中に比べると生活様式は大幅に緩和されます。

一般的には喪中の期間は半年から1年で、祖父母や兄弟や孫など2親等位までの人とされていますが、喪中をどう過ごすかは、故人との親密度、個人の考え方や置かれている状況等により異なります。

つまり世間が決めることではなく、自分の気持ちで判断されたらいいと思います。恐らく兄弟間でも異なるのではないでしょうか?

今は何もかも慌ただしくなり、忌中であっても49日も交流を立つことは無理ですし、仕事も休めません。
しかし気分的には、故人の死と真摯に向かい合ってあげたいものですね。

日本には仏教徒は8千数百万人いるとされ、日本における葬儀の大半は仏式で行われています。従って日頃から仏教と触れあうことも大切ではないでしょうか。

喪中を知らずに年賀状を出した後で、相手からの寒中見舞い等で身内の死を知ったら、それはいたしかたないことだと思います。

改めて、寒中見舞いを出せばいいでしょう。
但し、その時には、お悔やみの言葉を添えてあげて下さい。

さらに、こちらが喪中にもかかわらず年賀状を頂いたら、寒中見舞いで挨拶すればいいでしょう。日付は元日ではなく、投函する時の日付にして下さい。

●災害等に見舞われた人には
お目出度いことは無いけど、新年になって気分を一新して頑張っていこうとして年賀状で勇気づけられる人もいれば、まだ気分的に立ち直れないので正月を寿ぐ気持ちになれない人もいます。

年賀状を出していいのか?悪いのか?悩みますね。

「相手がどう感じるか?」がポイントになりますが、どうしても気になるようでしたら寒中見舞いにすればいいでしょう。

いずれにせよ、相手の状況や気持ちを察して、早く元気になって欲しいと祈る気持ちが伝わることが大切です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ