コラム

 公開日: 2014-12-01 

マナーうんちく話838《師走のお知らせ、「干支」と「エコ」》

めっきり昼が短くなり、夕方5時過ぎればあっという間に暗くなります。
「釣瓶落とし」とはよく言ったものですね。

12月に入れば、時候の挨拶に「師走」と言う言葉が登場しますが、今年もあと少し。

歳を重ねると時の流れがとても速くなるので、この一月が、わりとアッという間に過ぎ去るのではないかと思っていますが、皆様は如何でしょうか?

そして、師走というイメージはイルミネーションがお似合いですが、街の夜が華やかになり、街ゆく人々は忙しく振舞う頃でもあります。

また、クリスマスソングも師走の賑わいに一役も二役も花を添えています。
もとはと言えば、キリストの生誕を称えるために教会で生まれたのがクリスマスソングですが、神様(神道)・仏様(仏教)の国日本では、少し意味合いが異なるようですね。

ちなみに日本では、1549年にフランシスコザビエルが上陸してクリスマスを祝ったのが最初と考えられていますが、今ではキリスト教国をしのぐ日本最大級のビッグイベントになっています。さらにハロウィンのイベントもそれに続いていますから驚きです。

そして、今年一年の感謝の気持ちを込めて「お歳暮」の準備や「年賀状」の準備に忙しくなる時でもあります。

お歳暮は、マナーうんちく話168《お歳暮の知識と贈答のマナー》、マナーうんちく話633《お歳暮の知識と贈り方・いただき方のマナー》をぜひ参考にして下さい。

年賀状は、ここ10年来で出す人が大幅に減少しているそうですが、まだ出す人の割合が多いのが実情です。

減少している理由の一つに、出す人の住所がわからない人も多いようですが、個人情報保護法が関係しているかもしれませんね。

なお、年賀状については、「jijico上司に賀正はNG!今さら聞けない年賀状マナー」を参考にして下さい

また、干支の準備も必要ですね。来年は羊(ひつじ)年です。
十二支は「私は羊年生まれです」のように、現在でもしばし使用されますが、各国に存在するようです。

ちなみに、日本の12支は、「ね(鼠)」「うし(牛)」「とら(虎)」「う(兎)」「たつ(龍))」「み(蛇)」「うま(馬)」「ひつじ(羊)」「さる(猿)」「とり(鶏)」「いぬ(犬)」「い(猪)」です。なお、干支に関しては後日詳しく触れることにいたしますので参考にして下さい。

ところで、来年は羊年ですが、今までの羊の置物や絵画などを丁寧にしまっておられるでしょうか?

大半の人は新たに、干支の置物や絵や小物等を買い求められると思いますが、物が今のように豊かでなかった昔の人は、師走になると今年の干支をキチン包んで、来年の干支を取り出して迎春の準備をしていたそうです。

今のように、「リサイクル」「リユース」等の言葉が無かった時ですが、まさに究極のエコですね。

その意味においても、先人は自然と仲良く暮らし、自然をよく観察し、自然に感謝しながら、貧しいながら理想的な生活をしていたのだと思います。

今ではリユースとかリサイクル等の言葉をよく使用しますが、大量生産、大量消費が現実です。特に「飽食の国」日本の食品廃棄物のありかたは反省の余地が大いにありそうです。

もっともらしい言葉より、先人たちの生き方を、大人も子供も理解することが大切ではないでしょうか。

あとひと月で新年を迎え、再び12支が巡ってくるのは12年先です
世話になった干支の置物や掛け軸などを丁寧に片づけながら、再び訪れる12年後を思い浮かべ、自分流の生きざまに思いをはせるのもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ