コラム

 公開日: 2014-11-24 

マナーうんちく話835《「いい和食の日」、「ご馳走様」に込められた深い意味》

朝夕がめっきり冷え込み、冬の到来を感じる頃になりました。
11月22日は二十四節季の一つ「小雪(しょうせつ)」でした。

今までの雨が雪に変わる時期と言う意味ですが、暦とは裏腹に小春日和に恵まれた穏やかな日が続いていますね。

ちなみに、晩秋から初冬にかけて初めて霜が降りることを「初霜」と言いますが、平均すれば12月の前後です。

露が冷たく感じる「寒露」から、朝夕めっきり冷え込み霜が降り始める「霜降」、さらに冬の気配が漂い始める「立冬」、続いて「小雪」と、これからは次第に冷え込みが増すと共に夜が長くなり、ふと感傷的な気分に陥ることもあるかもしれませんね。

今では文明の利器のお陰で、暑い時も寒い時も、また長い夜も快適に過ごせますが、昔はさぞかし大変だったと思います。

特に照明器具が乏しかった時の長い夜は、本当につらかったのではないでしょうか。

ところで、刑罰が厳しい意味で使用される「秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)」という言葉をご存知でしょうか?

秋の霜と夏の厳しい暑さのことですが、いずれも草木が枯れる位厳しいものです。勿論野菜も大打撃を受けます。

温室栽培がない時代ですから、霜が降り始めると急に収穫が出来なくなり、たちまち食べ物に不自由します。しかし「生きることは食べること」です。

食べ物を求めて奔走しなければなりません。
秋は栄養価の非常に高い栗や柿やクルミなどが手に入ります。
しかし、それらは限りがあります。

これに変わる食べ物が実はドングリです。ドングリは生産量も多く、でんぷん質を豊富に含んでいるので、当分の間命を繋ぐことが出来ます。

でも、そのままでは渋ガキと同じで、渋くて食べられません。
渋抜きをするわけですが、すでに縄文時代の人はドングリを煮たり、水に浸して渋抜きをすることを知っていたとか・・・。
厳しい環境で生きて行くための生活の知恵ですね。

食料自給率が39%と、先進国では最下位ながら、世界屈指の「飽食の国」「美食の国」日本では考えられないことですが、昔の人にとって、食べ物を確保することは本当に大変だったと思います。

「頂きます」と「御馳走様」と言う食前・食後の美しい挨拶を、このコラムでも何度も取り上げました。

「頂く」は、人が生きて行くために食材の命を頂くと言う意味で、食材の命に感謝する言葉です。

一方、「馳走」とは、馬を走しらせたり、自分が走り回ると言う意味で、奔走することです。

では何故走るのか?と言えば、走り回って食べ物を確保するわけです。
つまり昔は食材を、自分のためや大切な人のために、走り回って確保していたわけです。

食べ物が自分の口に届くまで、多くの人が走り回ってくれたので、感謝の意味を込めて、「馳走」に「御」や「様」を付け、「御馳走様」になったわけです。

今では、「自分を育ててくれるために一生懸命働いて食べさせてくれるお礼の言葉」や、「朝早く起きて料理を作ってくれたお礼の言葉」として使用します。

11月24日は「いいにほんしょく(いい日本食)の日」です。
食事を頂く時に再度、和食に込められた豊かな精神文化を思い浮かべてみるのもお勧めです。

そして、ご飯がおいしく食べられることと、自然の恵みにも感謝・感謝ですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1431《日本の幸福度と教育と感謝の心》

全国のトップを切って3月21日に早々と東京で桜の開花宣言がなされましたが、これから順次「桜前線」が日本列島を南...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1430《中高年に課せられた高度なマナーとは?》

日本では「春は嵐と共にやってくる」といわれますが、西洋では「春はライオンと共にやってくる」と言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1429《「弊社」と「当社」、好感をもたれるのはどちら?》

和風月名では3月は「弥生」ですが、他にも「雛月」「桃見月」「花見月」そして「夢見月」があります。いずれ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1428《ファックスを送信した。この時確認の電話は?》

春の陽気に誘われ虫達が地上に出て活動する時で万物が躍動する時です。姿勢を正し、心機一転希望のスタートを切...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちくばなし1427《お彼岸にはなぜお墓参りをするの?》

梅がそろそろ見納めになりましたが、桜はまだ早い。こんな時に目を楽しませてくれるのが桃です。気温が上昇...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ