コラム

 公開日: 2014-11-17 

マナーうんちく話832《下を向いたら虹を見つけることができないよ》

すっかり日射しが弱くなり、寒さが積もるようになってきましたね。
こうなるとつい日向に出て、身も心も温めてくれる、貴重な太陽の光を浴びたくなります。

《この道や行く人なしに秋の暮》(松尾芭蕉)

晩秋は「釣瓶落とし」と言われるように日暮れが早いわけですが、日が暮れた後の一本道は、後にも先にも誰一人いません。

言い知れぬ深い寂しさに見舞われて、つい背中を丸め、うつむき加減になりがちですね。

人生において孤独を感じることは多々あります。
また、上を目指せば目指すほど孤独は付いて来ます。

《下を向いたら虹を見つけることはできないよ》と喜劇王の異名を持つチャールズ・チャップリンはいっています。

確かに寂しさのあまりうつむいてばかりいたら、考え方や気分も全てマイナスになります。

やはり、寂しくても、苦しくても、上を見ることが大切だと思います。
上を見たら下を見ている時とは異なる風景に出会い、今まで見えなかったものも、はっきり見えるようになってきます。

赤や黄色の枯れ葉が舞い落ちる頃です。
それを見て気分が滅入ることもあるとおもいます。そこで、ネガティブになった気分を明るく前向きに変えてくれるコツに触れておきます。

気分が滅入ったら、先ずは何でもいいから「良かった事」を見つけて言葉で発して下さい。

次にやめて頂きたい三つの「D言葉」があります。
「どうせ」「でも」「だって」です。
これらの言葉は100回述べても解決にはなりません。

加えて、人と比較しないことも大切です。
「人は人、自分は自分」です。
従って怒る、妬む、愚痴るは禁物です。

ヒラヒラと舞い散る赤や黄色の落ち葉を見て「明日は我が身か?」とネガティブになるか、落ち葉は「春への備え」と受け止め、自然の叡智に感心するかでは雲泥の差があります。

マイナス思考が強ければ自分も暗くなるし、周囲の人も暗くなります。
考え方や捉え方次第で大きく変わることができます。

カーネギーは「身体と一緒で、心も日光浴できる。困った事が有れば笑いで吹き飛ばそう」といっています。常に笑顔やユーモアを心掛けることはとても大切です。さらに夢や生きがい、そしてチャレンジ精神を持つこともお勧めです、

日頃から前向きの言葉、つまり「ありがとう」「美味しい」「嬉しい」「楽しい」「素晴らしい」「すごい」「素敵」等の言葉は、自分も、そしてそれを聞いている周囲の人まで元気にしてくれます。

最後に、寂しさや苦しさを変えてくれる、とっておきの秘訣は、「これは自分自身を成長させてくれる特効薬」だと思うことです。

今味わっている寂しさや苦労が肥になり、自分を元気に育ててくれることになるわけですね。温室育ちより、路地で雨風に打たれた作物の方が、美味しくて栄養価も高いのです。

このことを、チャプリンもカーネギーも、暖かくて優しさにあふれた言葉で伝えてくれています。

生まれて死ぬまで長い人生と言う道を歩む以上、孤独や困難は付き物です。
不必要に立ち往生するのではなく、元気で歩んで下さい。

調子が良い時には前向きになれるしマナーも発揮できます。
調子が悪い時こそ素敵なマナーを発揮して下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ