コラム

 公開日: 2014-11-15 

マナーうんちく話831《「紅葉狩り」の紅葉は持って帰ってもいいの?》

世界的に四季の美しい日本には、春の「桜前線」と秋の「紅葉前線」があります。

桜前線は九州から北海道に向けて北上しますが、紅葉前線は北海道から南下してきます。

いずれもシーズンになると桜の開花情報や、紅葉の色づき情報を提供する「桜便り」や「紅葉便り」がありますね。

そして、紅葉に恵まれる条件は日照時間が長いこと、昼夜の気温の差が大きいこと等があげられるようですが、今年はこれらの条件を満たしているので、紅葉狩りを楽しみにされている方も多いと思います。

ところで、紅葉を形容する言葉は「錦」ですが、これは赤や黄色に美しく色づいた葉っぱを、色とりどりの絢爛豪華な着物に例えたものです。

さらに、山が紅葉して赤や黄色に色づくことを「山装う頃」と表現します。
冬の「山眠る頃」、春の「山笑う頃」、夏の「山滴る頃」と共に、日本ならではの大変美しい言葉です。

『秋の夕日に照る山紅葉 濃いも薄いも数ある中に
松を彩る楓や蔦は 山のふもとの裾模様』

『渓の流れに散りゆく紅葉 波に揺られて 離れて寄って
赤や黄色の色様々に 水の上にも織る錦』

日本の歌100選の1曲に選ばれている明治の終わりに発表された唱歌で、知らない人はいない位有名な曲ですね。
ハーモニーで歌った記憶をお持ちの方も多いと思います。

また、早春の梅とくればホトトギスですが、秋の紅葉とくれば「鹿」でしょうか。花札をおやりになる人は良くご存じだと思います。

『奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の
声聞く時ぞ 秋は悲しき』(古今集)

秋は雄の鹿が雌の鹿を求めて鳴く季節です。
散り敷かれた赤や黄色の紅葉を踏み分けて、雌の鹿が恋しいと鳴いている雄の鹿の声を聞くと、なんとなく物悲しい気分になるなー。

本来秋は、穀物などの収穫を迎えて食べ物が豊富にある季節ですから、百姓はこのようなメランコリックな気分にはならないと思います。

はやり貴族は風流なのでしょうね。
紅葉を見ながら歌や詩を読んでいたとか・・・。

昨年の今頃、「年中行事のしきたりとマナー」の講演の際に、中年の女性からこんな質問をいただきました。

○春には「ワラビ狩り」「イチゴ狩り」、秋には「ブドウ狩り」「ナシ狩り」「ミカン狩り」等があり、それに参加するとワラビ、イチゴ、ブドウ、ミカンなどを持って帰りますが、「紅葉狩り」に行った時には紅葉を折って持って帰ってもいいのですか?

○答えはノーです。

○では、なぜ「紅葉見物」といわずに、「紅葉狩り」と言うのですか?
という質問が続きました。

皆さんはどう思いますか?

もともと、鹿や猪などを弓や槍で射とめる事を「狩り」と言っていましたが、やがて兎や鳥などの小動物を捉えることまで含むようになりました。

さらに果物や野菜を取ることも狩りと言うようになり、最終的には草花などを鑑賞することも狩りと表現するようになったわけです。ちなみに、紅葉狩りに酒やご馳走が伴うようになったのは江戸時代からだと言われています。

紅葉狩りは美しい自然を愛でる秋の行楽ですが、天気が変わりやすい時期です。ご馳走もさることながら雨具持参で、心豊かにお楽しみください。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1452《「人脈づくり」の秘訣はアフターフォローにあり》

前回人づくりに触れましたが、さらに具体的に触れてみます。公私にわたり人づくりは大切で、出会いを活かすた...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1451《万物が躍動する時です。「人脈づくり」に励みませんか?》

先人は花が咲くことを「笑う」と表現しましたが、百花繚乱と言われるように多くの花が咲き乱れ、新芽が萌え出し、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1448《「花水木」と「返礼文化」と「国際儀礼」》

桜がすっかり「葉桜」になりました。日本人の桜好きは特別で、桜の花が咲くプロセスを「一分咲き」「五分咲き」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ