コラム

 公開日: 2014-11-12 

マナーうんちく話830《「七五三」、商魂たくましい千歳飴》

前回七五三は、「なぜ3歳、5歳、7歳か?」についてお話ししましたが、今回は「なぜ11月15日か?」に触れておきます。

諸説ありますが、概ね以下の理由が一般的です。

○旧暦の10月(新暦の11月)は収穫を神様に感謝する月で有り、その月の満月の15日に七五三のお祝いをするようになった。

○日本は偶数と奇数では奇数が格上で縁起のいい数字なので「3+5+7=15」となった。

○徳川綱吉の逞しい成長を祈念して11月15日に「袴儀の儀式」を行ったから。

○旧暦の15日は鬼宿日、つまり鬼が出歩かない日で、この日は何をするにも吉日と考えられていたから。

以上のように、753や11月15日という数字には、それぞれ理由がありますが、それでは子どもの長寿を祈念して晴れ着と共に手に持つ「千歳飴」はいかがでしょうか?

千歳飴は細長く長寿の願いが込められており、しかも縁起の良い紅白で着色されています。

加えて、縁起の良い「鶴亀」や「松竹梅」をあしらったお目出度い図柄の袋に入っています。

また、「千歳飴」というネーミングも実に日本人受けする名前です。

ちなみに「千歳」とは千年とか長い年月という意味がありますが、「鶴は千年、亀は万年」の言い伝えに因んだとても縁起の良い言葉で、地名や船や人の名前などあらゆる名称に用いられています。

こうなると、儀式そのものの必需品ではありませんが、七五三を迎えた子どもが持たないわけにはまいりません。
そんなに高価な物でもないので、親は子に買い与えます。

これを仕掛けた人はさぞかし頭のいい人だったと思いますが、江戸時代に浅草で飴売りの行商をしていた七兵衛と言う人だそうです。

彼は、浅草に七五三のお参りに多くの人が来るのを見て、これを利用して「なにか良い商売はないものか?」と知恵を絞りました。

そこで思い付いたのが、今まで切って販売していた飴を、切らずに細長くして、それを「延びる=長寿」に結びつけ、「千歳飴」という名前を付けて、縁起の良い袋に入れて販売したら大当たりしたというわけで、現在に至っています。

このような例は他にも多々あります。
例えば江戸時代のお茶屋さんが、正月の鏡開きの際に発生する餅屑を見て、もったいない精神を起こし、その餅屑を炒ってお茶に入れ「玄米茶」として販売したら大当たりした。

また、平賀源内は「土用の鰻」を大ヒットさせました。
大晦日にいただく「年越し蕎麦」もしかりです。
こうしてみると、江戸時代にも商魂たくましい人は結構いたようですね。

その遺伝子を受け継いでいるのでしょうか、神様(神道)・仏様(仏教)の国日本がキリスト教国をさておき、クリスマスやハロウイーンのイベントをより盛大におこなったりしていますね。
バレンタインやホワイトデーもそうです。

国際競争が激化する中、売り上げアップは必須であり、あれやこれやと戦略を練ることは素晴らしいことだと思います。

そして出来る限り、子どもに色々な物を与えてあげることも素晴らしいと思います。

しかし欲を言えば、何百年も日本に続く年中行事に込められた意味を正しく理解して、それをキチンと子どもに伝えたいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1452《「人脈づくり」の秘訣はアフターフォローにあり》

前回人づくりに触れましたが、さらに具体的に触れてみます。公私にわたり人づくりは大切で、出会いを活かすた...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1451《万物が躍動する時です。「人脈づくり」に励みませんか?》

先人は花が咲くことを「笑う」と表現しましたが、百花繚乱と言われるように多くの花が咲き乱れ、新芽が萌え出し、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1448《「花水木」と「返礼文化」と「国際儀礼」》

桜がすっかり「葉桜」になりました。日本人の桜好きは特別で、桜の花が咲くプロセスを「一分咲き」「五分咲き」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ