コラム

 公開日: 2014-11-11 

マナーうんちく話829《「木枯らし」と「こたつ開き」》

晩秋から初冬にかけて吹く、北寄りの風速8m以上の風を「木枯らし」と言いますが、まさに冬型の気圧配置を実感する現象です。

そして、その年に最初に吹く木枯らしを「木枯らし一号」と呼び、秋の終わりと冬の到来を告げる風物詩になっています。

毎年、関東(東京)と関西(大阪)では発表がありますが、今年は10月27日でした。

只今紅葉前線が再接近しており、山々の木々は赤や青や黄色にお洒落しておりますが、木枯らしが吹き荒れるたびに、木々は葉を落とし、「山装う頃」から「山眠る頃」に移行するわけですね。

しかしこれは決して悲しいことではありません。
山の木々が葉を落とし深い眠りにつくのは、動物の冬眠と同じように、春を迎える準備のためです。

そう思うと、赤や黄色の葉がひらひらと舞い散るのを見て、感傷的になるのではなく、無事任務を終えた紅葉にエールを送りたくなりますね。

そして木枯らしが本格的に吹き、朝夕の冷え込みが厳しくなってくると、暖房器具の出番になります。

夏になると「海開き」とか「山開き」があるように、この頃になると、その年に初めて炬燵を使用する「炬燵開き(こたつびらき)」があります。

立春や立冬の「立」は「始まる」と言う意味がありますが、山開きや海開きや炬燵開きの「開く」には「始める日」と言う意味が込められています。

その炬燵開きですが、今年はいつかご存知でしょうか?
以前にも触れましたが「イノシシ」は火を避ける動物とされていますので、旧暦10月(新暦11月)の最初の亥の日が江戸時代から続く炬燵開きの日です。

ところで江戸時代は「士農工商」という身分制度があり、武士と庶民では生活レベルがかなり異なります。

身分と収入が保証されている武士は質の高い生活が送れますので、旧暦10月の最初の亥の日に炬燵開きをしますが、一般庶民はそれより10日余り遅れた第2の亥の日になります。

つまり、炬燵に必要な炭を少しでも倹約するために、庶民は旧暦10月の第2亥の日が炬燵開きになるわけです。

今年は旧暦10月の第一亥の日は11月の12日で、第二亥の日は24日ですが、いずれも炬燵を出すには丁度良い日で、この日に炬燵開きをすれば火災除けになると言われています。
縁起を担がれる方にはお勧めです。

何もかも複雑多様化した現代では暖房の取り方も様々ですが、当時は衣類も質素で住環境もお粗末だったので、あまり選択肢はありません。

決められた日に、決められたことを、みんな揃ってする。
だから、無用な争いごとも無かったのかもしれませんね。

何もかも便利になり、物質的に豊かになろうとも、炬燵という暖房器具には、どことなく人の暖かさが感じられます。

無縁社会、核家族化、孤独等のキーワードが氾濫する中、家族が炬燵を囲み、距離を縮める事により、暖かいコミュニケーションに花を咲かせ、団欒の一時を過ごすことができます。
改めて炬燵の持つ魅力を見直したいものですね。

また、暖房器具が活躍するようになると火災が発生しやすくなります。
自助、共助、公助の精神も大切ですが、その基盤は常日頃の良好な人間関係にあると考えます。
特に夫婦、家族、そして向う三軒両隣の絆作りは不可欠です。

そのためには互いにマナーの根源を成す「感謝」「尊敬」「思いやりの心」を大切にし、素敵に発揮することです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ