コラム

 公開日: 2014-11-07 

マナーうんちく話827《立冬と落ち葉の役割》

冷たい風と共に、木々の葉が舞い散る頃になり、山にも、里にも、街のショーウインドウにも冬の気配を感じるようになりました。

11月7日は二十四節季の一つ「立冬」です。
「立」には「新しい季節の始まり」という意味がありますが、立春と異なり和歌には立冬を詠んだ歌はあまりないような気がします。
やはり冬になると言うことは歓迎されなかったのでしょうね。

ところで冬の語源は諸説ありますが、「冷ゆ(ひゆ)」が変化したと言う説が有力です。

また、日本は四季の美しい国ですが、南北に細長い国であり、複数の暦が存在していた国ですから、季節の捉え方も色々あります。

天文学的な捉え方では冬は「冬至」から「立春」の前日までですが、二十四節季では「立冬」から「立春」の前日までが冬になります。

また、日常生活ではまだ秋色が濃く、冬を実感できるのは12月から2月の終わり頃まででしょうか。

そしてこの頃になると北寄りの比較的強い風に見舞われることが多々あります。
「木枯らし」です。

木を吹き枯らす位、強くて冷たい風だから木枯らしと言います。
そして、紅葉前線が気になる頃でもあります。

ちなみに、春の桜前線は北上しますが、紅葉前線は南下します。
加えて、高い山から低地へと、一日に約50m位移動すると言われております。

紅葉前線は楽しみですが、それと共に落ち葉が舞い散る頃でもありますので、なんとなく感傷的になることもあります。
ひと歳重ねればなおさらですね。

しかし自然の営みはマナーと同じで、実に合理的で無駄がありません。
「落ち葉」「枯れ葉」「濡れ落ち葉」といえば大変マイナスのイメージでとらえがちですが、枯れ葉や落ち葉にもそれなりの役目があります。

黄色、赤色、茶色に色づいた落ち葉は、昆虫や微生物の餌になり、やがて腐葉土になり、森の木に吸収され、栄養となり再び木に帰っていくわけですね。

山山の木々は、全く肥料をやらないのに、年々大きく育っていくのは、このためなのです。

そして何年も何十年の何百年も、それを繰り返しながら、自然から与えられた命を精一杯生きているわけです。

それは大変神聖な行為であり、大木に神様が宿る所以でもあるのではないでしょうか?

森を作り、水を蓄え、酸素をしっかり放出する命の源だから、自然と共生してきた日本人は、神が宿る木として崇拝の対象にしたわけですね。

さらに、落ち葉は畑にとってもとてもありがたい存在です。
落ち葉が陰になり雑草が生えるのを防ぎ、落ち葉があるおかげで畑が乾燥せずに適当な湿気を保ってくれます。

まだあります。
落ち葉が養分になり、多くの微生物が集まり、堆肥効果が期待できます。

童謡にも歌い継がれている初冬の風物詩、「落ち葉炊き」はあまり見られなくなりましたが、役目を終えてヒラヒラ落ちる落ち葉たちに「御苦労さま」と声を掛けると共に、これから始まる長い冬を元気で、前向きに過ごしていきたいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ