コラム

 公開日: 2010-10-23  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話⑯≪女心と男心!本当に変わりやすいのはどちら?≫


マナーうんちく話⑯《女心と男心!本当に変わり易いのはどちら?》

秋も深まり10月23日は「霜降」です。
「霜降」には、いろいろな読み方と意味があります。

肉の好きな人は、脂肪が網の目のようになった「霜降り肉(しもふりにく)」を、また料理をたしなむ方は、肉や魚を料理する時にいったん熱湯に通したり直接かけたりする「下ごしらえ」をイメージされることと思いますが、ここでは二十四節季の一つ「霜降(そうこう)」について触れてみます。

霜降とはこの日から11月7日の立冬までの期間で、霜が降り始め小雨がしとしとと降り、やがてもみじや蔦(つた)が紅葉してきます。

日一日と夜が長くなり、「灯火親しむ頃」でもあります。
読書や家族団らんにもってこいですね。

また、「天高く馬肥ゆる頃」です。
飽食の国日本では、秋は空気も澄み渡り空が高くなり、実りの秋・収穫の秋・味覚の秋を上手に表現した意味でつかわれていますが、中国では、夏に痩せていた馬が、秋になり草をしっかり食べ、肥ってたくましくなってくると、その馬に乗って盗賊が来襲するので、この時期にはくれぐれも注意をするようにとの意味だそうです。

日本の解釈は本当に平和的ですね。しかし必ずしも外国では其れが通じるとは限りません。
そういえば、日本の礼儀・作法はほとんど、平和な社会背景から生まれているようです。
障子・襖等はその典型でしょうね。


ところで、この時期になってくると、高気圧と低気圧が交互に日本の上空を通過するので、天気が非常に変わり易い時でもあります。
朝は爽やかな秋晴れだったのに、1時間もしないうちに曇り空になり、やがて雨が降り出し困った経験をお持ちの方も多いと思います。
特に、山陰や北陸では天気の移り変りが激しく、「弁当忘れても傘忘れるな」と言われていますが、「晴れの国岡山」でもこの時期ばかりは崩れやすい時です。

秋が深まってくると、変わり易くなるのは天気だけではありません。
ヒトの心も、秋の深まりと共に感傷的になり、変わり易くなってきます。

では本当に、秋の空のようにコロコロと変わるのは「女心」「男心」どちらでしょうか?
皆さんはどのように思われますか?

結論は、「女心と秋の空」「男心と秋の空」どちらでもいいそうです。

もともとは、「男性の女性に対する愛情」が移り変わるので、「男心と秋の空」といわれていました。江戸時代に家長制度の元、男性は絶対的な存在であり、少々の心変わりには世間は寛容だったようです。実は江戸時代の日本は世界屈指の離婚大国だったようです。

一方、私たちの時代は「女心と秋の空」と習いました。男の私は頭からそれを信じていました。またフランスでは「月が変わるように女心も変わる」、さらにイギリスでは「しばしば女心と冬の風は変わる」という諺が存在します。

ともあれ、古今東西、女心も男心も、身勝手さからしばし心変わりするのは世の常でしょうが、できる限り、心はいつも「秋晴れ」「日本晴れ」でいたいものです。
晴れの国岡山県人は特にそうありたいですね・・・

そして大切なことは、互いに「男の心理」と「女の心理」をしっかり理解し、其れを最大限に尊重するということではないでしょうか。
男女間の思いやりとは、すなわちそういうことだと思います。

さすれば、恋も恋愛も、そして夫婦円満もうまくいくと思います。


霜降を迎え、季節はいよいよ木枯らしが吹いてくる冷たく寒い冬へとなびいていきます。
どうぞお体を大事になさってください。
また、肥えるのは馬だけにしていただき、食べすぎ、飲みすぎにもご用心ください・・・

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ