コラム

 公開日: 2014-11-01 

マナーうんちく話824《「神人和楽」と「神楽」》

秋色が益々濃くなり、街ゆく人々のファッションが微妙に変わってきた気がします。

そして秋から冬に移行するこの時期は、空の色も、吹き抜ける風も、川や山の風情も装いを変え、景色までが明るく装っているようです。

衣食住に恵まれ、便利で、平和な国と時代に生まれ育った事に感謝・感謝です。

しかし喜んでばかりも行きません。
年を重ねると、寒さに向かうこの時期は、何かと身体が変調をきたしやすい時でもあります。身も心も健康でありたいですね。

11月は霜が降りて来るので「霜月」と言われます。
加えて、日本全国津々浦々において神楽が盛んに行われるので「神楽月(かぐらづき)」とも言われます。

もともと、日本神話で、五穀豊穣を始め、長寿、病気や災難を追い払うために、氏神様に奉納された歌や踊りが神楽の起源ですが、「かぐら」と言う言葉を聞いて心が和らぐのは、神楽には、日本人の心の原点が宿っているからではないでしょうか?

今まで、花見や正月に神様と人が共に食事をする「神人共食文化」、加えて「神人共食箸」に度々触れましたが、昔から日本人は神様と和することや共に楽しむ文化を形成してきました。

そして神楽には、神様が宿る自然に対する畏怖や畏敬の念が込められており、今なお、人々の暮らしと共生しています。

もともと稲作を中心にした農耕文化で栄えた日本人は、稲作から多くの精神性を学びました。

米を作るには「田んぼ」が必要ですが、田んぼには水の管理が欠かせません。従って一人だけでは無理で、みんなが仲良く歩調を合わせながら働かなくてはなりません。

また、米は他の作物と異なり連作が可能です。
従って稲作は狩猟と異なり、移動することなく、その地に定住することができます。

だから、「しきたり」や「マナー」が生まれる土壌があり、聖徳太子の「和の心」の原点が根付いていたわけです。

さらに、日本には1000を超える神楽があると言われておりますが、日本の神話では、争いによるのではなく、平和な話し合いによる国譲りが行われたと言われております。

平和と神楽。
切っても切れない繋がりですが、改めて日本の素晴らしさを認識したいものです。

それに、神楽の衣装も目を奪うものがあります。
神楽は舞いや役割により使用する道具が異なりますが、身につける衣装も様々で大変豪華です。

笛や太鼓は白い着物に袴スタイルですが、舞う人の衣装は絢爛豪華という言葉がぴったりです。

金糸・銀糸を織り込み、中には銅版やガラス玉などが縫い込められており、しかもそれらが全て手作りとくれば、製作に要する期間も1月位から1年位、値段にして100万円を超えるものもあるとか。

現在、日本で継承されている芸能は数えきれない位ありますが中でも一番古いのが神楽です。拍手喝さい、笑いが起こる神楽を、ご馳走や酒と共に、老若男女が一体となり、ワイワイ楽しむ文化はまさに「神人和楽」の文化です。

10月31日はハロウィンで盛大な仮装行列が繰り広げられました。

西洋の文化におおらかになることには反対ではありませんが、何もかも西洋かぶれするのではなく、先ずは自国の文化や歴史や礼儀作法を正しく理解して、次世代に伝えて行くことが大切だと痛感します。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ