コラム

 公開日: 2014-10-28 

マナーうんちく話822《「お持て成し」と「おしぼり」のマナー》

10月29日は「おしぼり」の日です。
ではなぜ、10月29日がおしぼりの日なのか?少し頭をひねってみて下さい。

他家や他社を訪問した時や喫茶店に入った時に、「いらっしゃいませ」の笑顔と共に「おしぼり」を出して頂いたら思わずホッとしますね。

「おしぼり」は、日本伝統のお持て成しや癒しの文化だと思います。
日本では喫茶店や飲食店でごく当たり前のように出されますが、これに料金が加算されることはまずありません。

外国ではほとんどありえない現象で、日本人がいかに昔から「お持て成しの心」を大切にしてきたかと言うことですね。

おしぼりは「おてふき」とも言われ、飲食店などで使用される手を拭くものですが、その歴史は意外に古く、公家がお客様を屋敷にお迎えする際、濡れた布を出したことに由来します。

そして江戸時代になると「てぬぐい」が普及し、旅館でお客様がチェックインされる際に、桶に水を張り、手拭を添えて出しました。

当時の旅は徒歩で、しかも履物は時代劇で見かけるような草鞋(わらじ)だったので、足が大変汚れます。

そこで旅人は部屋に入る前に、提供された手拭を水につけて、絞って、足を綺麗に拭きます。
これで身体が綺麗になると共に心もいやされるわけですね。

この「しぼる」と言う行為が今の「おしぼり」の語源で、漢字で「お絞り」とは書かず、ひらかなで「おしぼり」と表現されます。

そして、戦後になり飲食店がどんどん増えて来るわけですが、時代が落ち着いてくると共に、飲食店でも今流のお絞りが提供されるようになり、やがて需要が増してくると、おしぼりを貸し出すビジネスが生まれてきたということです。

ちなみに、日本のおしぼりはあくまで手を拭くものです。
従って、顔を拭いたり、汚れたテーブルを拭くものではありません。

また、西洋料理の「ナプキン」でもありませんので、使用する際はマナーが要求されますので簡単に解説しておきます。

《あらかじめテーブルの上にある時》
先ず、右手でおしぼりを取り、左手で丁寧に広げて下さい。
次に両手を拭き、綺麗に畳んで、右手でおしぼり受けに戻して下さい。

《係の人から渡された時》
先ずは「ありがとうございます」の言葉が大切です。笑顔が有ればさらにいいですね。右手を差し出し、その状態で両手を拭きます。
この際おしぼりを出されたらすぐに使うのがマナーです。

《おしぼりを出す時》
両手で「おしぼりをどうぞ」といって、手渡しして下さい。
予めテーブルに置いておく時には、出来る限りおしぼり受けにおいて、右側に置くことをお勧めします。なぜなら、右手で取るので右側に置いたら取りやすくなるからです。

但し、おしぼりを出す目的は、思いやりの心や癒しを提供するためですから、必ずこうしなければいけないというものではありません。相手の立場を考慮して臨機応変に対応することが大切です。

加えて、おしぼりは手を拭くものですが、手を拭く行為はあまり人前で目立つようにしません。テーブルの下で静かに使用されるのが品の良い使用方法です。

また、どうしても顔を拭きたい場合は添える程度にして下さいね。
但しテーブルにタレ等が垂れた場合、おしぼりで拭くことは感心しません。
食事の時に、料理と共におしぼりが出されたら、その料理は手を使って食べても良いでしょう。

最後に、10月29日は「10本の指を2(ふ)9(く)」から「おしぼりの日」になりました。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

27

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1511《終活になぜ生活設計が大切なの?(終活④)》

【感謝の心と気概をもって】世界屈指の長寿国になった日本。あなたはどのように生きますか?期待と不安が...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1510《自分らしく輝いて生きるために!「人生設計」のお勧め(終活③)》

【人生100歳、二毛作時代の到来】日本の平和な家庭の象徴である「サザエさん」は相変わらず人気ですが、サザエさ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1509《改めて考えたい「終活」の意義と意味②》

【終活の捉え方】人生の終わりに向けて自分らしい終わり方ができるように、身も心も元気なうちにとる様々な準備...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1508《改めて考えてみたい「終活」の意義と意味》

【はじめに】最近やたらと「活」がつく言葉が氾濫している気がします。「就活」「婚活」「恋活」「離活」「産...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1507《感性が磨かれる秋立ちぬ頃》

中山間地域に住んでいると、厳しい暑さが続く中にも、この時期になるとトンボが飛び交い、朝晩の風に心地よい涼し...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ