コラム

 公開日: 2014-10-18 

マナーうんちく話819《アリとキリギリス(イソップ寓話)》

日が暮れるのが速くなったせいか、夜になると虫の音が一段と高くなってきます。

日本では昔から四季の風情を愛でる習慣がありますが、同時に虫の音の風情を楽しむ風習も存在します。

また、虫の音を愛でる「むしきき」と言われるユニークな風習があります。
虫を愛でる文化ですが、虫そのものの姿ではなく、蛍のような虫が発する光や、松虫や鈴虫やキリギリスのような鳴き声を愛でる文化です。

今頃鳴く虫はキリギリスやコオロギで呼び名も色々あるようですが、七十二候では、10月18日から22日までは「キリギリスが戸口で鳴く頃」とされており、キリギリスが人の近くにやって来て美しい音色を響かせてくれます

その鳴き声が、深まる秋の哀愁を漂わせてくれ、毎年霜が降りて来る頃まで楽しませてくれます。

ところで西洋には、「北風と太陽」「金のオノ・銀のオノ」等でおなじみのイソップ物語の中に、「アリとキリギリス」があるのをご存知でしょうか?

アリとキリギリスが登場しますが、それらを色々な角度から捉えることができます。

アリは冬に備えて食料を確保するために精一杯働きます。

一方、キリギリスはバイオリンを弾きつつ音楽を楽しんでいます。

そして冬がやってきました。

アリはこの時に備えて、夏の間しっかり働いて食料をためていたので、冬になっても不自由なく暮らせることができます。

しかし、キリギリスは音楽を楽しんでいたので食べ物に不自由します。
だから、なんとか打開策を見つけなくては困ります。

そこで、キリギリスはアリの所に行って、食べ物を恵んでくれるようにお願いします。

①アリはキリギリスに対して「貴方は働きもせず音楽に夢中になっていたので自業自得です」と言って食べ物を与えませんでした。
この時点で、キリギリスは飢え死にすることになります。

②アリはキリギリスが食べ物に不自由し窮地に陥っているので、気持ち良く食べ物を分けてあげました。キリギリスはたいそう喜びました。

現実的にはキリギリスは11月頃までの寿命ですから、冬の準備を怠ったから死んだのではありませんが、この物語には色々な教えが含まれています。

①は将来に備えて準備を怠ると大変な事になりますよ!
日頃から一生懸命に働こうよ!という教えです。

②は困っている人がいれば出来る限り力になってあげることが大切ですよ!と言う教えに繋がります。

加えて、キリギリスは何も好き好んで音楽を楽しんでいるわけでもありません。
限られた時間内でこの世で一番大切な仕事をしなければいけません。

つまり交尾して子孫を残すことです。
出来る限りの力を振り絞って、鳴き声をたてメスを呼び寄せ交尾をするわけです。つまりバイオリンを弾くのは与えられた大切な義務です

このように考えれば色々な解釈が成り立ちます。
早い話し、生き方や考え方に正解は無いと言うことでしょうか?
人と比較するのではなく、自分に与えられた環境で、自分らしく一生懸命生きることが大切だと考えます。

マナーも同じです。
このような時には、このようにしなければならないというものではありません。
相手の事情により、臨機応変に対応する必要があります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1650《知って得する「ありがとう」の言葉が伝わる素敵な言葉②》

〇「身に余る」日本人は謙虚を美徳としてきましたが、「身に余る」とは自分にはもったいないほどの素晴らしい」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ