コラム

 公開日: 2014-10-12 

マナーうんちく話816《上品で美しい食べ方13「魚の煮つけ」》

前回は丸ごと一匹の魚の塩焼きに触れましたが、今回は「煮魚」の美しい食べ方です。

おふくろの味として日本ではすっかりおなじみの、「サバのみそ煮」や「カレイの煮つけ」がおなじみですが、赤くて美しいキンキの煮付けも絶品です。

魚を品良く美しく食べるポイントは、「骨の処理」に有ります。
そのためには、魚の骨の構造を正しく理解することがベターですが、専門家でない限りは無理です。

そこで今回は、日頃から大衆に愛され美味しいけど、食べ方が難しいカレイの煮付けに触れておきます。

カレイは寿命の長い魚ですから、成長が遅く養殖には不向きです。

丸ごと一匹のカレイの煮付けは、目にも美しくてさっぱりした白身の魚ですが、兎に角骨が多いのが特徴です。

しかし、魚の煮物はポイントを掴めば、揚げ物や塩焼きに比較すると、身離なれがよく比較的食べ易いです。

とにかく骨の処理を手際よくして下さい。
そして、煮付けの魚は、実や骨が崩れやすいので、箸使いは丁寧に、優しく行って下さい。

食べ方ですが、先ずは上側の身の頭の方から尾の方に向けて、真ん中に箸で切れ目を入れって下さい。

切れ目を入れた個所から背骨側に箸ですくうと身が綺麗にはがれます。
上の身を食べ終えたら、縁側を箸で切り離します。
次に背骨と頭をはずして、下の身を食べます。

ここで縁側の処理ですが、唐揚げの場合はポリポリ食べられますが、煮付けの場合はそうはまいりません。

だからといって、残すのはもったいないと思います。
加えて、残したら見た目も美しくありません。
皮ごと口に含み、実を吸って下さい。

残りの小骨は口元を隠すようにして口から出して処理します。
懐紙が有れば懐紙で口を多い、懐紙に纏めれば良いでしょう。

あるいは、縁側部分には骨がびっしりと並んでいるので、骨の向きに沿って、そぐうように、少しずつ実を食べる方法もあります。

一通り実を食べ終えたら、頭の部分の身も食べてください。
特に頭の頬肉、頭骸骨の肉は美味です。

煮付け魚の場合は、山椒の葉が添えられている場合が多いですが、食べる前に手のひらに取り、両手でパチンとたたけば香りが一層増してきます。
勿論食べて頂ければ結構です。

ちなみに、山椒は香辛料としては日本古来のもので、薬味として和食には欠かせないものです。

若葉を「木の芽」、4月から5月にかけての黄色い花は「花山椒」、その後にできる実は「青山椒」、そして成熟した実は「実山椒」といわれ、若葉、花、実の全てが利用されます。また、香りと辛みの他にも、医薬品としても古来より重宝されています。

「山椒は小粒でもぴりりと辛い」と言われていますね。
山椒の実は小さくても非常に辛いので、体は小さくても、素晴らしい才能や力量がある魅力的な人のことです。

料理を常に感謝の心で、美味しく、綺麗に食べることが出来る人は自然に生き方も丁寧になり、魅力的になります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1679《法要の心得》

法要は「法事」ともいいます。死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う儀式です。ちなみに死後の...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ