コラム

 公開日: 2014-10-10 

まなーうんちく話815《どう違う?「お握り」と「お結び」》

秋の語源は、米等の穀物が収穫を迎え、「食べ物が飽きるほど出回るから」という説が有力ですが、実りの秋、収穫の秋を迎え、まさに天高く馬肥ゆる頃になりました。食べ過ぎにご注意くださいね。

さて、只今、あちらこちらで稲刈りが行われていますが、最近は何もかも機械化され、刈り取られた稲はライスセンターに持っていけば直ぐに新米になります。

ところで、英語で「Rice ball」と表現する食べ物は、何のことかお分かりでしょうか?

炊いた米に味を付けたり、具をほどこしたりして、俵型や球場や三角形にした食べ物で、「結び」「お結び」「握り飯」「お握り」等と訳されます。

1000年以上の歴史を有する日本の食文化を代表する食べ物で、日本人なら誰でも昔懐かし「おふくろの味」を思い浮かべることと思います。

今では、コンビニでもスーパーでも手軽に買うことができますし、アメリカなんかでも食することが可能になりましたね。

ネーミングですが、大きく分けて「お握り」と「お結び」に分かれるようですが皆様はどのように呼びますか?

このように、両者はまったく同じ食べ物ですが、家庭や地域や販売店により名前が異なります。
では、その違いはどこにあるのでしょうか。

お彼岸に食する「お萩」と「ぼた餅」も同じ食べ物ですが、お萩は萩の花に由来し、「ぼた餅」は牡丹の花に由来するという明確な違いがありますが、「お握り」と「お結び」にも諸説あります。

但し、これと言った決定的な理由は見当たりませんので、あくまで参考にして下さいね。

このコラムでも度々触れましたが、山には「山の神」が存在し、桜の咲く頃になると人々は山の神を里にお連れして「田の神」になって頂き、米の豊作を祈願しました。

このように、昔の人は山を神格化していたので、炊いた米をあえて山の形、すなわち三角形に形どり、神の霊力を頂くようにして食べたものが「お結び」で、形状を問わないのが「お握り」と言う説があります。

さらに「お握り」は「鬼を切る」に通じ、魔除けの効果を期待したネーミングと捉える説もあります。

また、保存性、携行性、手で気軽の食べられるように炊いた米を握ったので「お握り」といっていたのが、それを丁寧語に置き換え「お結び」と表現したという説もあります。
武家等の身分の高い女性が言い変えたのかもしれませんね。

加えて「お結び」は人間の手で作ったもので、「お握り」は道具を使用したものという説もあります。

つまり、「お結び」はお母さんの愛情が詰まった食べ物で、その愛情が代代手から手に伝えられるものですね。

もともと日本人が食している米はジャポニカ米で、他の品種に比べて冷えても味が落ちないという特徴があるので、お握りに向いていたのかもしれませんね。

だから言い方にこだわるよりは、「お握り」や「お結び」を通じて、美味しい米のご飯が食べられるという感謝の気持ちと、人と人との絆作りを大切にする気持ちが大切だと思います。また、結びの神様の存在も忘れてはいけませんね。

ちなみに1月17日は「お結びの日」ですが、このいわれは、阪神大震災の際ボランティの人々の炊き出しで、多くの被災者が励まされたから、この気持ちを忘れないようにするために記念日になりました。

以上のように、「お握り」よりは「お結び」の名前の方が、暖かみがあるような気がしますが如何でしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。 ...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回のセミナーが好評!キラキラ輝く人生のためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ