コラム

 公開日: 2014-10-06 

マナーうんちく話813《この世をば 我が世と思う望月の・・・》

先日の日曜日はお祭りの所も多かったと思います。
祭りと言えば「祭りずし」や「鯖ずし」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

祭りずしは池田のお殿様の倹約令により庶民が知恵を働かせて作った料理ですが、鯖寿司は「青魚の王様」と言われる位美味しくて栄養価も高い鯖を美味しく保存するために、先人が編み出した究極の料理です。

数字をごまかすことを「サバを読む」と言いますが、これは、鯖は大変鮮度が落ちやすく数も多く、丁寧に時間をかけて正確に数えられないので、大雑把に数えたからです。

また、今時の果物は栗に柿が主役になりますが、柿は「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われる位栄養価が高い果物です。

甘い柿と渋い柿がありますが、渋い柿の皮をむいで干したものが「干し柿」です。縄につるして干すから「つるし柿」とも言われます。

こうすることにより、渋い柿を甘い柿に変身させたわけで、今流に言えば干し柿は日本を代表するドライフルーツだと思います。

なにしろ、動物も目もくれない渋い柿が、人の力で甘くなるわけですから、大変縁起物として重宝されました。
だから正月飾りには今でも欠かせないわけですね。

お殿様の命に背かないように知恵を絞って作った祭ずしを考案したり、足の速い鯖を鯖寿司にして保存性を高めたり、渋い柿を干すことで甘くしたり、先人は感性も豊かですが頭も相当良かったのではないでしょうか。

ところで、このコラムでも二十四節季を頻繁に取り上げていますが、二十四節季は旧暦の歳時記です。

旧暦は月の満ち欠けが基準になりますが、今の季節はお月様が大変綺麗な頃で、「お月見」をします。

お月見は十五夜や十三夜の月、つまり「二夜(ふたよ)の月」を愛でることですが、十五夜の月を愛でたら十三夜の月も愛でることが大切だといわれております。片方だけだと「片見月」とか「片月見」といって嫌われるからです。

そして平成26年の「十三夜の月」は10月6日です。
旬の豆や栗をお供えするので、別名「豆名月」「栗名月」とも言います。

では、なぜ中途半端な十三夜の月を好んだのでしょうか?
完璧な満月でなく、あえて少し欠けているお月さまを愛でたということは、当時の人は「腹8分を良し!」としたのでしょうね。

「腹8分に医者いらず」と言いますが、食欲の秋だからと言って毎回ご馳走を満腹になるまで頂き生活習慣病になるより、出来る限り「腹8分」を目指したいものですね。贅沢に慣れてしまったらとても難しいことですが・・・。

《この世をば わが世と思う望月の 欠けたることも なしと思へば》

栄華を極め幸せの絶頂にあった藤原道長が、祝いの席で呼んだ歌です。
この世はまさに自分の世だと思う。今宵の満月のように、欠けたことがなく、なにもかも満ち足りていると思へば・・・。

今から約1000年前の歌ですが、当時は物質的には今と比較にならないほど貧しかったはずですが、権力の頂点に立った藤原道長は、思いのまま贅沢のし放題です。しかし、やがてそのひずみが出ることになります。
この歌を詠んだ頃は、既に今でいう糖尿病を患っていたと言われています。

ちなみに、片見月は縁起が悪いと言ったのは江戸時代の遊女で、満月に来店したお客様を十三夜にも呼び込もうとする策だったわけです。

貧しいながら頭と知恵を働かせた遊女と、栄華を極め贅沢三昧で生活習慣病に侵された道長。
どちらの生き方にも教えられることがあります。

「十三夜に曇りなし」と言われますが、今夜あたり空を見上げて、お月様を見ながら、色々と物思いにふけるのもいいかもしれません。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動し...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ