コラム

 公開日: 2014-09-22 

まなーうんちく話806《「半殺し」のおもてなし》

お彼岸は春だけでなく秋もあります。
春分の日を中心とした前後3日間が「春の彼岸」であり、秋分の日を中心にした前後3日間、合計7日間は「秋の彼岸」です。

いずれも最初の日を「彼岸の入り」、真ん中を「彼岸の中日」、最後の日は「彼岸の明け」と言います。

彼岸の中日は春分の日と秋分の日ですが、いずれも昼と夜の長さが同じで、太陽が真東から昇り、真西に沈む日です。

昔の人は「極楽浄土は西のかなたに存在する」と考えられていたので、春分の
日と秋分の日に先祖を供養するようになり、今でもお墓参りをします。

そこで用意するのがボタ餅とお萩ですが、これらは同じものです。
春分の日は牡丹の花が咲く頃ですから「ボタ餅」と名付け、秋分の日は萩が咲
く時期ですから「お萩」と名付けられました。

ボタ餅もお萩も材料はもち米と小豆と砂糖です。
今でこそ日本は、世界一飽食の国ですから、ボタ餅にせよお萩にせよ、それほ
ど珍しくは有りませんが、かつて砂糖やもち米や小豆は庶民にとって大変貴重
品で、最高のぜいたく品でした。

つまり、当時の人はご先祖様をお持て成しするに当たり、出来得る限りをつくし感謝の気持ちを表現したわけです。

ところで、表題には「半殺しのお持て成し」とぶっそうな表現していますが、
これは実は「お萩の別名」です。

お萩は地域により、「粒あん」や「こしあん」、さらにアンコを包んだりまぶしたりするので多少の違いはありますが、「半殺し」とは、ボタ餅の持ちを作る時に、炊いた飯の飯粒が半分位残る程度につぶすことです。

これに対して、もち米の粒が残らない位潰すこと、つまり全部潰してしまうこ
とを「皆殺し」とか「本殺し」と言います。

お米のすりつぶしの度合いで「半殺し」とか「皆殺し」「本殺し」と昔の人は
名前を付けたわけですね。

風や雪や雨やお月様の状態等にも大変素敵な名前を付けており、その感性はす
場らしいものがありますが、ユーモアセンスもなかなかですね。

正月にはご先祖様をお雑煮でお持て成ししますが、お餅はもち米の粒が残らな
い位全て潰す「皆殺し」ですから、お正月は「皆殺しのお持て成し」でしょう
か。

ちなみに、お彼岸にお萩をお供えする習慣が定着したのは、先祖供養と共に、
春は豊作を祈り、秋には収穫に感謝するために、神様にお供えしたのが始まり
とする説もあります。

また、秋に収穫したばかりの柔らかい小豆をそのまま粒あんにしたのが「お萩」で、冬を越して固くなった小豆をこしあんにしたのがぼた餅と言う説もあります。いずれも素晴らしい生活の知恵ですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1401《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1407《新入社員・職員を活かすも殺すも先輩・上司次第①》

『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』。今の時期に相応しい言葉ですが、松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪(はっとりらんせ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ