コラム

 公開日: 2014-09-20 

マナーうんちく話805《日本人ならぜひ知っておきたい「日本茶の知識」と「飲み方」》

日常で頂く時のお茶は緑茶と言われ「日本茶」全般をさします。
休憩する時に飲むお茶、食事の時に飲むお茶、他家や他社を訪問した時に頂くお茶等色々ありますが、今飲んでいるお茶がどのようなお茶か?先ずは理解することが大切です。

日本人として、下記のお茶は是非ご承知おき下さい。

①玉露(ぎょくろ)
緑茶の最高級品で沸騰後60度位までさまして淹れます。
今は棒状ですが、今から200年くらい前に茶葉を露のように丸く炒ったことから「玉露」という名称がつきました。
甘みとコクのある味わいが楽しめます。

②煎茶(せんちゃ)
最も一般的な緑茶で、4月から5月にかけて摘んだ新芽や若葉を使用します。
70度から80度位までさまして淹れます。
お茶と言えば煎茶をイメージする位流通量が多く、程良い渋みと爽やかな香りが特徴です。

③番茶
食後に頂く場合が多いお茶で、煎茶を摘んだ後の2番3番摘みの葉です。
沸騰したお湯で淹れます。
摘む時期や品質など日本茶の主流から外れているから「番外茶」が「番茶」になった説と、遅く摘み取った「晩茶」が転じて「番茶」になったと言う説があります。

気取らず、飾らず、それでいて高齢者から子どもに飲みやすく美味しいお茶です。
「娘18番茶も出花」と言われますが、器量の悪い娘でも年ごろになればそれなりに綺麗に見えると言う意味で、品質では劣る番茶も入れたては、香りも良く美味しいと言う意味です。

④玄米茶
煎茶や番茶に、炒った玄米を加えて香ばしい香りを加味したお茶。
ではなぜ米を加えたのでしょうか?
正月に行われる「鏡開き」の時に、槌で餅を叩いて割るわけですが、その時に餅の屑が出ます。

この屑を捨てるのはもったいないですから、お茶の商ないをしている人がこの屑を炒って、茶葉に混ぜたのが始まりで戦前の話です。
あっさりとした香ばしい香りが嬉しいお茶です。

⑤ほうじ茶
煎茶や番茶を炒って独特の味付けをしたお茶。
今から100年くらい前に確立された製法で、番茶、玄米茶と同じ格で、高級茶とは言えませんが、苦みや渋みがなく、口当たりがあっさりしているのが特徴です。
お湯を注いだ瞬間の香ばしい香りをお楽しみください。


次に蓋つきで出されたお茶の頂き方に触れておきます。

前回お話ししたように、お茶を頂くと言うことは、おもてなしの心の表れですから、先ずは「頂きます」の挨拶が必要です。

1、茶碗の側面に左手を添えて下さい。
次に右手で蓋のつまみを持ち揚げます。

2、右手で持った蓋を約90度傾け、器の中で水気を切って下さい。
蓋を両手で持ち、茶碗の右側において下さい。

3、茶碗を右手で持ち、左手で支えて頂きます。
この時、右手は身体の胸と平行になれば見た目もきれいです。
但し、姿勢を正していることが条件です。

4、お茶を頂き終えたら、茶碗を茶卓に戻し蓋をしますが、この際両手で行って下さいね。

蓋をしたら「ご馳走様でした」の挨拶をお忘れなく。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

20

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ