コラム

 公開日: 2014-09-18 

マナーうんちく話804《日本人と茶の間と団らん》

上品で美しい食べ方に触れていますが、今回は少しより道をして、心を通い合わす日本の「お茶」を取り上げてみます。

喉を潤したり、栄養的な側面のみならず、お茶を通じた「団らん」「絆作り」「おもてなし」にも触れて参ります。

そもそも食事を共にするということは、「貴方の事をより理解したい」「貴方とより仲良くなりたい」と言う意味がありますが、お茶もしかりです。

日本人が日頃米を食べるのと同じように、お茶を飲むこともごく当たり前のことで、日本人なら最もありふれた行為や出来事です。
「日常茶飯事(にちじょうさはんじ)」と言う言葉があります。

では「茶の間」は如何でしょうか?
茶の間の美化語は「お茶の間」になりますが、改めて、「お茶の間はどんな場所と?」聞かれても、現在では明確に答えることは難しそうですね。

英語で表現すればリビングルーム(living groom)とか、ダイニングルーム(dining room)のようでもありますが、微妙に異なる点もあります。

そもそも平和ブランドを築いてきた日本の住居は、欧米と異なり、壁やドアで完全に仕切られた造りではなく、このコラムでも取り上げました襖や障子で繋がっていて、どちらかと言えば自由に行き来できる造りでした。

そして、家族が団欒したり、食事をする部屋が「茶の間」と言われました。
すなわち、茶の間は単にお茶を飲み、喉を潤すということより、互いの心の絆作りの場であると言うことです。

だから比較的日当たりのいい場所で、窓が大きく、台所ともつながり、加えて、縁側があり、外にも出られるようになっている造りが多くあります。

また、部屋の中には「ちゃぶ台」と呼ばれる座宅があり、家族がこれを囲み、団らんしたり、食事をしたり、お茶を楽しみ、家族の生活の中心になった部屋です。

そして、そのルーツは囲炉裏(いろり)に有ります
昔は囲炉裏を囲んで、食事をしたり、コミュニケーションをとったりしていたわけですね。

当時は今のように「自由」とか「個性」とか「自分らしさ」より、互いの「和」が尊重されていたからこのような生活様式が長く続いたわけです。

権利・自由・個性などに重きが置かれるようになるにつれ、家族や地域での絆の希薄化が進行し、「無縁社会」「無縁仏」「孤独死」などと言う由々しきキーワードが氾濫するようになってきました。

今の日本は物質的な豊かさや利便性を謳歌しているようですが、このような現象は先進国として決して誇れることではありません。

しかし、和食がユネスコの無形文化財に指定され、世界から日本の「食文化」や「お持て成しの精神」に熱い視線が注がれている中、家族が揃っての食事や団らん、さらにお茶の間のある生活の素晴らしさを再認識したいものですね。

ちなみに、お茶の間での団らん作りのポイントは、「思いやりの心」と「本音の語り合い」です。
家族だからこそできる心豊かな生き方です。

長谷川町子さんの漫画で「サザエさん」をご存知の方も多いと思います。
家族一同で「ちゃぶ台」を囲んでいる姿は、いつも明るく楽しそうで、家族の暖かさが漂っています。

日本の平和な家族を象徴しているようですが、互いが互いを思いやる心を有していることと、本音の会話があるからではないでしょうか。

セミナー&イベント欄でも紹介させていただきましたが、7月29日(日)に岡山県和気町鵜飼谷温泉で開催しました《家族と地域のふれあい和食のマナー講座》が岡山県のホームページで紹介されています。
ご覧ください。
検索⇒「おかやま食育推進協賛事業」

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動し...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ