コラム

 公開日: 2014-09-12 

マナーうんちく話801《上品で美しい食べ方⑨「会席料理」(止め椀・ご飯・香の物・水菓子)》

止め椀は汁もので、「留め椀」とも言われ、味噌汁や吸い物です。
そして香の物は漬け物です。

ご飯と共に出されますが、これが出たらコース料理の締めくくりですから、この時点でお酒は控えます。

つまり最後の料理で、これで料理は全て終わりで、「後はデザートだけですよ」と言う意味です。

温かいうちに止め椀、ご飯、香の物を交互に頂いたらいいでしょう。
お椀は、その都度両手で持ち運んで下さい。

留め椀の蓋は、両手を使い開けます。
水滴がこぼれないように、器の真ん中で水滴を切って下さい。

ご飯は、手前から奥に食べると上品に食べられます。
少量を口に入れるようにして下さい。

香の者は野菜を糠(ぬか)、味噌、塩、醤油、酢、酒かすなどで漬けたもので「香香(こうこう)」、「新香(しんこう)」「おしんこ」等と呼ばれます。
ちなみに、香は味噌を指さすので、昔は味噌で漬けたものだったようです。

又漬け物は日本以外でも存在し、中国の「ザーサイ」、韓国の「キムチ」、アメリカやイギリスの「ピクルス」は有名です。

日本の食卓に欠かせない「梅干し」も漬け物の一種ですが、梅干しは「漬ける」前に、「干す」と言う手間を加えますので「梅干し」と言われます。

香の物は、ご飯の上に置くことは感心しません。
また、一度かじった漬けモノをご飯の上に置くことも避けて下さいね。

そして最後は「水菓子」です。
水菓子といってもお菓子の種類ではありません。

昔は「菓子=果物」だったために、会席料理で「水菓子」と表示されていたら一般的には果物を意味します。

今はやりの「スイーツ」と言えば、甘いお菓子やケーキや和菓子等の総称ですが、「デザート」と表現すれば食後になります。

「水菓子」は業界の専門用語と認識して頂ければ良いと思います。
また、一般的には旬の果物が出ますが、果物を使用したデザートや和菓子が出る時もあり、食後口をすっきりしてくれます。

ブドウのように種がある場合は、口元を懐紙で覆うようにして食べ、残った種や皮は懐紙で包みこみます。
数種の果物が少量ずつ持ってある場合は、手前の物から食べれば良いでしょう。

ところで、生菓子に「黒文字」と呼ばれる大きめの楊枝が添えられていたら、一口ずつ手前から切って頂きます。
この際、楊枝の先が相手方に向かないようにくれぐれも注意して下さいね。

黒文字はクスノキ科の落葉低木で、匂いが良いので、この枝を削って楊枝を作るわけですが、枝に黒い斑点がありこれを文字に見立てたので「黒文字」と呼ばれるようになりました。

たまに水分の多い生菓子とは別に、水分の少なく固い「干菓子(ひがし)」が出ることがありますが、このような場合は手で食べれば良いでしょう。

これで一応「会席料理」の美しい食べ方は終わりで、次回からは通常よく口にする和食・洋食様々な単品料理に触れて参ります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ